マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】NYの視点:米1月雇用統計に期待広がる、スラック度合いが依然鍵

2017年2月2日 7:28



米労働省が発表する1月雇用統計は、米国の労働市場が最大雇用の水準にあることを再確認し、利上げ軌道の継続を後押しする結果が予想されている。米国労働省が発表する雇用統計の先行指標となる雇用関連指標の中でも最も相関関係が強いとされる民間部門の雇用者数をあらわすADP全米雇用統計の1月分は前月比+24.6万人と、予想外に20万人超えとなり、昨年6月来で最大の伸びとなったため、全体の雇用もポジティブサプライズが期待されている。ただ、「小さい政府」を唱えているトランプ大統領は連邦職員を削減しているため、民間部門の増加と相殺される可能性には注意が必要。

市場エコノミストは失業率が4.7%と引き続き10年ぶりの低水準を維持、非農業部門雇用者数は前月比+17.5万人と、12月+15.6万人から伸びが拡大すると予想している。ドル高や世界経済の低迷で停滞していた製造業の雇用も引き続き改善基調にあり、全体指数をさらに押し上げる可能性が強い。最新1月の全米の製造業業況を示すISM製造業指数の中の雇用指数は56.1と2014年8月来の高水準を記録した。

米連邦公開市場委員会(FOMC)のほとんど全てのメンバーは労働市場が最大雇用、またはそれに近いと判断しているものの、スラックが依然存在し、改善の余地があると依然慎重な姿勢を崩していない。利上げも辛抱強く、緩やかなペースのみ正当化されると見ている。賃金の伸びがさらに拡大し、不完全雇用率(U6)などスラックにさらなる改善が見られると、利上げペースが加速するとの見方にドル買いが再燃する可能性がある。

■1月雇用統計の先行指標

・米ADP全米雇用報告:前月比+24.6万人(予想:+16.8万人、12月:+15.1万人
←+15.3万人)

・米ISM製造業指数雇用:56.1(12月52.9)

・NY連銀製造業景況指数
雇用(現状):-1.7(12月−12.2)
週平均就業時間:−4.2(12月−7.0 )

・フィラデルフィア連銀製造業景況指数
雇用(現状):+12.8(12月+3.6、6ヶ月平均‐2.4)
週平均就業時間:+6.8(12月+7.1、6か月平均−0.4)
6か月先
雇用:38.6(12月24.2、6か月平均23.0)
週平均就業時間:22.5(12月32.3、6か月平均20.3)

・リッチモンド連銀製造業景況指数
雇用(現状):8(12月-1)
週平均就業時間:5(12月11)
賃金::11(12月19)
6か月先
雇用:27(12月22)
週平均就業時間:10(12月13)
賃金:31(12月35)

・消費者信頼感指数

雇用(現状)
十分:27.4(12月26.0、前年同月23)
不十分:51.1(12月51.3、53.4)
困難:21.5(12月22.7、23.6)

雇用(6か月先予想)
増加:19.8(12月21.7、前年同月13.4)
減少:14.0(12月14.1、前年同月17.0)
不変:66.2(12月64.2、前年同月69.6)

所得(6か月先予想)
増加:18.0(12月21.5、前年同月18.6)
減少:9.6(12月8.6、前年同月10.7)
不変:72.4(12月69.9、前年同月70.7)

・失業保険申請件数

件数 前週比 4週平均 継続受給者数

01/21/17     259,000   22,000       245,500
01/14/17     237,000   -12,000       247,500  2,100,000
01/07/17     249,000   12,000       257,000  2,059,000
12/31/16     237,000   -30,000       258,250  2,093,000
12/24/16     267,000   -8,000       263,500  2,116,000
12/17/16     275,000   21,000       263,750  2,105,000
12/10/16     254,000   -4,000       257,750  2,039,000
12/03/16     258,000   -10,000       252,500  2,021,000

■市場予想
失業率:4.7%(12月4.7%)
非農業部門雇用者数:前月比+17.5万人(12月+15.6万人)
民間部門雇用者数:前月比+17万人(12月+14.4万人)
平均時給:前月比予想+0.3%(12月+0.4%)


<SK>

fisco
FX金利収入で月収に3~5万円の上乗せを 会社員向けトルコリラ投資法
近年、高金利通貨のブームが再燃している。なかでもトルコリラは政策金利8%のため、金利収入も高い。ここではサラリーマンでも実践できるトルコリラ投資法を紹介しよう。 <続きを読む>
スーパーの鮮魚売り場店員がFXで1億円を稼ぐまで
「マネーポストWEB」内から、FXに関する記事を厳選。FX成功者の運用の極意を紹介する。 <続きを読む>
  • 取引全自動のFXシストレ 何もせず1か月で「5万円が13万円」になった経緯
  • FXなのにリスク抑えめ 半年で利益50万以上/最大損約6万円の「シストレ」 
  • 2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。