FiscoNews

【注目トピックス 日本株】SIGG Research Memo(2):独立系のシステムインテグレーター

*13:02JST SIGG Research Memo(2):独立系のシステムインテグレーター
■会社概要

1. 会社概要
SIGグループ<4386>は「社会を変革するITイノベータ」を目指す独立系のシステムインテグレーターである。経営理念には「ITイノベーションにより社会の高度化に貢献する」「自己革新と研鑽により社会のニーズにこたえる」「幅広く人材を受け入れプロフェッショナルとして育成する」「会社の発展と業績の拡大によって社員の幸福を目指す」を掲げ、長期ビジョンの「ありたい姿」として、企業のビジネス変革(DX)を支援し、企業の外部CIOとして企業成長に貢献するITトータルソリューションカンパニーを掲げている。

2021年10月1日付で旧(株)SIGが会社分割方式によって持株会社に移行し、商号をSIGグループに変更した。2024年3月期末時点の資産合計は4,581百万円、純資産合計は2,061百万円、自己資本比率は45.0%、発行済株式数は5,932,140株(自己株式274,210株を含む)、連結従業員数は663名となっている。

本社所在地は東京都千代田区九段北で、グループは同社(持株会社)、連結子会社のSIG、Y.C.O.(2022年4月に株式を追加取得して完全子会社化)、アクト・インフォメーション・サービス(2023年3月に(株)アクロホールディングスより全株式を取得して完全子会社化、P/Lは2024年3月期より連結)、ユー・アイ・ソリューションズ(2024年2月にアクロホールディングスより全株式を取得して完全子会社化、P/Lは2025年3月期より連結)で構成されている。さらに2024年3月にはアクロホールディングスと、アクロホールディングスの子会社である(株)エイ・クリエイションの全株式を取得して完全子会社化する基本合意書を締結(2025年3月に株式譲渡・完全子会社化予定)した。なお、持分法適用関連会社としていたアクロホールディングスについては、2024年3月に同社が保有する株式の一部を譲渡して持分法適用関連会社から除外(株式譲渡後の同社の議決権所有割合は14.98%)した。

また2021年12月にアクロホールディングスのグループ会社であるグローバルテクノロジー宮崎(株)と業務提携、2023年12月にバリューHR<6078>と資本業務提携、2024年3月にエクストリーム<6033>の子会社である酒田エス・エー・エス(株)と業務提携している。

2. 沿革
1991年12月に(株)エスアイインフォジェニック(東京都品川区東五反田)を住友金属工業(株)(現:日本製鉄<5401>)グループ2社50%と他の出資者50%の同比率出資で設立、1997年8月に本社を東京都文京区本郷に移転、2000年9月に住友金属工業から独立した。

その後、2005年12月に(株)ビジネスブレインと合併、2016年2月に商号をSIGに変更、本社を東京都千代田区九段北に移転、2020年10月にアクロホールディングスと資本業務提携、2021年10月に持株会社へ移行して商号をSIGグループに変更、2022年4月にY.C.O.を完全子会社化、2023年3月にアクト・インフォメーション・サービスを完全子会社化、2024年2月にユー・アイ・ソリューションズを完全子会社化した。

株式関係では、2018年6月に東京証券取引所(以下、東証)JASDAQ(スタンダード)市場に上場、2019年6月に東証2部に市場変更、2022年4月の東証市場再編に伴ってスタンダード市場へ移行した。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 水田雅展)

<HH>

fisco

注目TOPIC

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。