FiscoNews

【個別銘柄テクニカルショット】トリケミカル—支持線水準までの調整を経てリバウンド狙いのスタンスに

*08:31JST <4369> トリケミカル - -
昨日は第1四半期決算での営業減益が嫌気され11%超の下落となった。大陰線を残す形となったが、4月安値とのダブルボトムが意識されやすいほか、支持線となる200日線に接近するなか、リバウンド狙いのスタンスに向かわせそうだ。5月は概ね25日、75日線を挟んでの狭いレンジでの推移だったこともあり、昨日の調整で需給整理は一巡したであろう。

<FA>

fisco

注目TOPIC

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。