FiscoNews

【注目トピックス 日本株】古河電工—大幅反発、利益回復期待織り込まれていないとして国内証券が格上げ

*13:00JST 古河電工---大幅反発、利益回復期待織り込まれていないとして国内証券が格上げ
古河電工<5801>は大幅反発。野村證券では投資判断を「ニュートラル」から「バイ」に格上げ、目標株価も3300円から5100円に引き上げ。北米の光ファイバを中心とした情報通信事業が最悪期を脱し、25年1-3月期以降回復の可能性とみている。また、半導体テープやメモリーディスクの需要回復、生成AI向け品の成長も進むと想定。利益回復の期待は株価に織り込まれていないと判断。野村證券では26年3月期営業利益は市場予想311億円を上回る400億円と予想。

<ST>

fisco

注目TOPIC

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。