FiscoNews

【注目トピックス 日本株】ODK Research Memo(5):2024年3月期は全業務が増収と順調に推移して大幅増益

*16:05JST ODK Research Memo(5):2024年3月期は全業務が増収と順調に推移して大幅増益
■業績動向

1. 2024年3月期連結業績の概要
ODKソリューションズ<3839>の2024年3月期の連結業績は、売上高が2023年3月期比5.4%増の5,867百万円、営業利益が36.1%増の572百万円、経常利益が34.4%増の604百万円、親会社株主に帰属する当期純利益が12.8%増の266百万円だった。全業務が増収と順調に推移し、全体として大幅増益で着地した。コスト面では次世代サービスの社会実装等に係る研究開発費の増加があったものの、教育業務における既存顧客との価格適正化交渉の一部実現、退職給付費用の減少なども寄与した。なお、大学入試を取り巻く環境の変化を保守的に見積もってAI主体性評価システムの減損損失を計上したため、特別損失では減損損失が143百万円増加(前期50百万円計上、当期193百万円計上)した。

業務別の売上高は、教育業務(前期比5.5%増の3,671百万円)が関東大手私立大学の入試BPO受託や既存顧客との価格適正化交渉の一部実現などにより増収、証券・ほふり業務(同5.4%増の1,106百万円)が証券業界向け「WITH-X(R)」関連の売上増加や制度改定(新NISA等)に伴う需要増加などにより増収と、いずれも順調だった。一般業務(同3.4%増の738百万円)は医療用タブレットの納入が一巡したが、臨床検査システムの開発需要増加がカバーした。その他業務(同8.3%増の351百万円)では子会社ポトスの「キャリポート」関連の売上増加が牽引した。なお事業別の売上高はシステム運用が5,539百万円、システム開発及び保守が268百万円、機械販売が59百万円だった。

営業費用148百万円増加の内訳としては、支払手数料が主に教育業務の売上増加に伴って49百万円増加、機械賃借料等が15百万円増加、労務費経費が主に「UCARO(R)」の機能改善に伴う減価償却費増加などにより54百万円増加、販売管理費が主に「アプデミー(R)」に係る研究開発費の増加などにより30百万円増加した。

2. 財務の状況
2024年3月期末の資産合計は2023年3月期末比156百万円増加して8,694百万円となった。主にソフトウェア仮勘定が87百万円減少した一方で、売掛金が238百万円増加した。負債合計は101百万円減少して2,639百万円となった。主に未払法人税等が64百万円増加、未払消費税等が59百万円増加した一方で、有利子負債(長短借入金)が316百万円減少した。純資産は257百万円増加して6,055百万円となった。主に利益剰余金が185百万円増加、その他有価証券評価差額金が72百万円増加した。この結果、自己資本比率は1.7ポイント上昇して69.6%となった。自己資本比率は高水準であり、キャッシュ・フローの状況等にも懸念点は見当たらないことから、弊社では財務面の健全性は良好と評価している。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 水田雅展)

<HN>

fisco

注目TOPIC

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。