FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】欧米為替見通し:ドル・円は伸び悩みか、ドル買戻し先行も米雇用情勢にらみ

*17:25JST 欧米為替見通し:ドル・円は伸び悩みか、ドル買戻し先行も米雇用情勢にらみ
4日の欧米外為市場では、ドル・円は伸び悩む展開を予想したい。156円台は割安感から買戻しが入りやすく、157円回復を目指す展開となる見通し。ただ、今晩の米雇用関連指標が低調なら、積極的なドル買いを抑制しよう。

前日発表された米国のISM製造業景況感指数は予想外に悪化し、好不況の節目50は遠のいた。景気減速懸念により連邦準備制度理事会(FRB)の利下げが想定され、金利安・ドル安の展開に。ユーロ・ドルは1.08ドル半ばから1.09ドルを目指し、ドル・円は157円手前の水準から1円程度値を下げた。ただ、本日アジア市場で米10年債利回りの上昇でドル買い先行。ドル・円は156円付近から156円半ばに持ち直した。

この後の海外市場は今晩の米JOLTS求人件数が注目され、想定通りに前回を下回れば短期的に利下げ観測が高まり金利安・ドル安に振れやすい地合いが見込まれる。また、3日のISM指数の悪化により景気減速への警戒感が浮上しており、今週の雇用統計に向け関連指標を見極める展開に。足元のFRB当局者のタカ派的な政策姿勢でドル売りは抑制され、ドル・円は日米金利差から下げづらい。ただ、上値の重さが意識されそうだ。

【今日の欧米市場の予定】
・18:30 南ア・1-3月期GDP(前年比予想:+0.8%、10-12月期:+1.2%)
・23:00 米・4月JOLT求人件数(予想:836.0万件、3月:848.8万件)
・23:00 米・4月製造業受注(前月比予想:+0.6%、3月:+0.8%)
・23:00 米・4月耐久財受注改定値(前月比予想:+0.7%、速報値:+0.7%)

<CS>

fisco

注目TOPIC

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。