FiscoNews

【注目トピックス 日本株】前日に動いた銘柄 part2 新東、日本鋳造、グリッドなど

*07:32JST 前日に動いた銘柄 part2 新東、日本鋳造、グリッドなど
銘柄名<コード>4日終値⇒前日比
霞ヶ関キャピタル<3498> 15690 -850
短期資金中心とした需給要因が主導とみられる。

筑波銀行<8338> 321 -20
長期金利の低下で銀行株が軟化。

東北電力<9506> 1486.5 -56.5
電力株は全面安商状が続き。

富士石油<5017> 509 -25
原油市況の下落をマイナス材料視。

ほくほく<8377> 2187 -134
日米長期金利の低下を売り材料視。

九州FG<7180> 1018 -50.5
長期金利低下で地銀株が軟調。

北海道電力<9509> 1470.0 -72.5
電力株の一角には利食い優勢の流れが続く。

SOMPO<8630> 3311 -118
米長期金利低下をマイナス視。

三井E&S<7003> 14828-52
25日線レベルでは戻り売りが優勢か。

千葉銀行<8331> 1430 -89
長期金利の低下による銀行株安の流れで。

池田泉州<8714> 421 -25
銀行株安の流れに押される。

トヨタ自動車<7203> 3298 -43
型式指定申請における不正が3日に伝わり。

新東<5380> 3390 +502
ババ抜きゲームの様相に。

岩崎通信機<6704> 934 +150
あいHDとの株式交換比率にサヤ寄せ続く。

ヘリオステクノ<6927> 653 +100
RSテクノロジーズによるTOB価格にサヤ寄せ続く。

ジオコード<7357> 868 +150
「名刺管理機能」リリースを材料に上値追い。

日本鋳造<5609> 1083 +150
製造費を低減させる3Dプリンター技術を開発と伝わる。

ヤマザキ<6147> 358 -44
ナガセインテグレックスとの業務提携で3日は急伸。

FRONTEO<2158> 603 +17
医学論文探索AIシステム「KIBIT Amanogawa」があすか製薬で導入。
上値は限定的。

カイオム<4583> 124 +8
日本腎臓学会学術総会で同社抗体を用いた研究成果が発表。

ナイル<5618> 828 -117
3日ストップ高の反動安。

グリッド<5582> 3365 +500
3日ストップ高で25日線を明確に上抜け先高期待高まる。

トラースOP<6696> 797 +9
3日ストップ高の余勢を駆って高値追い。

AHCグループ<7083> 1116 -49
5月30日高値でひとまず達成感。手仕舞い売り続く。

ハッチ・ワーク<148A> 2112 +2
フィルカンパニー<3267>と包括的な業務提携で買い先行するが失速。

地域新聞社<2164> 556 -100
25日線に上から絡み始め手仕舞い売り誘う。

IGS<4265> 474 +18
引き続き同社ツールと内田洋行の学習eポータルとの連携を材料視。

アイズ<5242> 1892 -89
ジオコードとの業務提携など手掛かりに3日人気化するも長い上ひげに。
4日は売り優勢。

<CS>

fisco

注目TOPIC

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。