FiscoNews

【注目トピックス 日本株】イシン:—自治体向けにサービスを提供したい企業を支援

*11:56JST イシン:---自治体向けにサービスを提供したい企業を支援
イシン<143A>は、企業の自治体向けマーケティング支援事業、日系大手企業のグローバルオープンイノベーション支援事業、成長企業のブランディング及び採用支援事業を展開する。2023年 3月期の売上高構成比率は公民共創事業36.3%、メディアPR事業34.5%、グローバルイノベーション事業29.2%。

企業の自治体向けマーケティング支援事業を手掛ける公民共創事業では、自治体向けのマーケティング支援サービスを一気通貫で提供している。主力サービスである雑誌『自治体通信』は全国約1780箇所の都道府県及び市区町村に、約37,000部が無料で送付されている。自治体の関心が強い自治体DXをはじめ、防災・危機管理 総務・人事 情報システム 庁内業務効率化 企画・財政 広報・広聴 住民生活・安全 住民窓口・市民対応などの先進事例が記載され、自治体では広く読まれている。当雑誌には自治体が利用しているサービスや自治体職員のインタビュー記事なども掲載されている。自治体向けに自社製品、サービスのアピールを行いたい企業にとっては、貴重な情報発信メディアとなっており、同社はこれら企業から広告料を得る。

公民共創事業の売上高は23年3月期、24年3月期と二桁成長が続いており、今後も公民共創事業が全社業績をけん引する見通し。25年3月期業績については売上高は前期比5.8%増の1,354百万円、営業利益は同2.8%増の206百万円を計画している。

<NH>

fisco

注目TOPIC

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。