FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】NYの視点:米5月雇用統計で労働市場減速のさらなる証拠を模索

*07:47JST NYの視点:米5月雇用統計で労働市場減速のさらなる証拠を模索
米労働省の5月雇用統計発表を控え、雇用統計の先行指標として注目される民間部門の雇用統計であるADP雇用統計の5月分は+15.2万人だった。伸びは4月+18.8万人から鈍化し昨年11月来で最低となった。また、4月JOLT求人件数は805.9万件と、21年2月以降3年ぶり低水準となった。失業者1人に対する求人件数も1.2件と21年6月来で低水準とコロナパンデミック以前の水準に戻るなど、労働市場の減速の兆候が出始め、利下げを後押しする結果となった。

ただ、雇用統計の市場エコノミスト予想では失業率が3.9%と、4月と同水準を維持する見通し。また、非農業部門雇用者数は前月比18.5万人増と、17.5万人から伸びが拡大すると予想されている。

先行指標として注目される全米の製造業活動を示すISM製造業の5月雇用は51.1と昨年9月来で初めて活動の拡大を示す50を回復し、22年3月来で最高となった。米国経済は消費がけん引するため、より注視されているISM非製造業景況指数の5月雇用も47.1と、前月の45.9から上昇した。ただ、予想を下回ったほか、活動の縮小となる50を4カ月連続で割り込んだ。

労働市場のひっ迫緩和基調には変わりはないと思われるが、底堅さが再表明される可能性も残る。

■5月雇用先行指標
●ISM製造業景況指数雇用:51.1(48.5、4月48.6)
●ISM非製造業景況指数雇用:47.1(47.2、45.9)
●ADP雇用統計:+15.2万人(+18.8万人)
●JOLT求人:805.9万(835.5万)

●新規失業保険申請件数
05/25/24| 219,000| 3,000| 222,500|
05/18/24| 216,000| -7,000| 220,000| 1,791,000
05/11/24| 223,000| -9,000| 218,000| 1,787,000| 1.2%
05/04/24| 232,000| 23,000| 215,250| 1,786,000| 1.2%
04/27/24| 209,000| 1,000| 210,250| 1,781,000| 1.2%
04/20/24| 208,000| -4,000| 213,500| 1,768,000| 1.2%

●米雇用統計予想
失業率:3.9%(3.9%)
非農業部門雇用者数:18.5万人(17.5万人)

<CS>

fisco

注目TOPIC

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。