FiscoNews

【注目トピックス 日本株】上新電機 Research Memo(9):2024年3月期の配当は90円へと増額され、配当性向は48.4%

*16:09JST 上新電機 Research Memo(9):2024年3月期の配当は90円へと増額され、配当性向は48.4%
■株主還元策

上新電機<8173>は株主に対する利益還元を重要な経営課題の1つとして位置付け、収益力の強化や事業基盤の整備を実施しつつ、内部留保の充実状況及び企業を取り巻く事業環境を勘案したうえで、株主に対しての安定的かつ継続的な利益還元を実施することを基本的な方針としている。この方針のもと、中期経営計画においても配当性向30%以上を目安とし、安定的・持続的な株主還元を実施するとしていたが、さらなる利益還元の姿勢を充実させるため配当性向を40%以上と目安とする新方針へと変更した(新方針は2024年3月期より適用)。これにより、2024年3月期の配当額は従来予想の75円から90円へ増額され、配当性向は48.4%と配当政策変更後の40%という目標値を大きく上回った点は株主還元強化の前向きな変化として注目できる。2025年3月期の配当予想は100円、配当性向43.5%となっているが、さらなる引き上げ余地も残されていると弊社では見ている。また、同社は株主優待制度も導入しており、毎年3月末及び9月末時点※での株主に対して1枚200円の買物優待券(税込2,000円以上の買い物につき2,000円ごとに1枚使用可能)を既定の株数や2年以上の保有期間の有無に応じて付与している。仮に単元株である年間通じて100株を保有すると、36枚(7,200円相当)の優待券を獲得できる試算となる。

※保有株数100株未満は9月末のみ。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 永岡宏樹)

<HN>

fisco

注目TOPIC

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。