FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】6月6日のNY為替概況

*04:10JST 6月6日のNY為替概況
6日のニューヨーク外為市場でドル・円は156円44銭へ上昇後、155円72銭まで下落し、引けた。

日銀の中村審議委員の追加利上げが会合で話題となる可能性を指摘すると同時に、「まだ早い」との見解を受けた円売りが続いた。その後、米1-3月期単位労働コスト改定値が予想外に下方修正されたほか、先週分新規失業保険申請件数が予想を上回り、労働市場の減速が早期の利下げ観測をさらに強めドル売りが強まった。

ユーロ・ドルは1.0862ドルまで下落後、1.0902ドルまで上昇し、引けた。
欧州中央銀行(ECB)が定例理事会で市場の予想通り利下げを決定したためユーロ売りが優勢となった。同時に、追加利下げには言及せず、さらに、物価予測が引き上げられたためタカ派的な利下げとの見方にユーロの買戻しが加速。

ユーロ・円は、170円28銭へ上昇後、169円51銭まで反落。

ポンド・ドルは1.2763ドルまで下落後、1.2795ドルまで上昇。

ドル・スイスは0.8904フランまで下落後、0.8929ランまで上昇した。

[経済指標]
・米・1-3月期非農業部門労働生産性改定値:前期比年率+0.2%(予想:0.0%、速報値:+0.3%)
・米・1-3月期単位労働コスト改定値:前期比年率+4.0%(予想:+4.9%、速報値:+4.7%)
・米・4月貿易収支:-746億ドル(予想:-765億ドル、3月:-686億ドル←-694億ドル)
・米・先週分新規失業保険申請件数:22.9万件(予想:22.0万件、前回22.1万件←21.9万)
・米・失業保険継続受給者数:179.2万人(予想:179.0万人、前回:179万人←179.1万人)

<KY>

fisco

注目TOPIC

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。