FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】東京為替:ドル・円は上値が重い、156円回復を目指す

*12:00JST 東京為替:ドル・円は上値が重い、156円回復を目指す
7日午前の東京市場でドル・円は155円55銭から155円93銭まで上昇後、上値の重い値動きに。日本政府の為替介入に関する思惑で、円の売り買いが交錯。一方、米10年債利回りの上昇一服で一段のドル買いは抑制され、ユーロは対ドルで強含んだ。
ここまでの取引レンジは、ドル・円は155円55銭から155円93銭、ユーロ・円は169円44銭から169円81銭、ユーロ・ドルは1.0887ドルから1.0897ドル。
【経済指標】
・日・4月家計支出:前年比+0.5%(予想:+0.5%、3月:-1.2%)
【要人発言】
・鈴木財務相
「金利のある世界へ移行するなか市場の信認を確保する必要」
「為替介入は抑制的に行われるべきもの」
「急激な対応にはならす行為が必要」
「為替市場を注視し必要に応じて万全な対応を取る」
「外貨準備高の制約は考えていない」
・財務省
「5月末外貨準備のうち証券の減少率としては過去最大」

<TY>

fisco

注目TOPIC

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。