FiscoNews

【注目トピックス 日本株】コーチ・エィ:1対1のエグゼクティブ・コーチングに強みを持つ

*14:49JST コーチ・エィ:1対1のエグゼクティブ・コーチングに強みを持つ
コーチ・エィ<9339>は、国内外でコーチングによる組織開発サービスや人材開発サービスを提供する。上場企業・非上場企業の売上高割合は、上場企業が8割を超える。売上高の8割を占めるシステミック・コーチングによる組織開発ビジネスでは、「エグゼクティブ・コーチング(EC)」「経営チーム向けのDAIBE(デーブ)」「ミドル層向けのDCD」「全社員向けの3分間コーチ」の4つのコーチングサービスを国内外で提供している。国内外には約130名のコーチが在籍し、日系企業の海外拠点で多言語(英語・中国語・タイ語)対応が可能となっている。2023年11月にはAI(人工知能)コーチングの販売を開始した。

競合企業のコーチングサービスでは1対Nのサービスを提供しているケースが多いが、同社は1対1のエグゼクティブ・コーチングに強みを持っている。また、企業のトップ層がコーチングを受けて同社サービスに共感したら、DCD、DAIBEなど自社内の別サービスが売上につながる可能性がある。

24年12月期業績見通しは、売上高が前期比8.6%増の39.6億円、営業利益が同37.9%増の4億円を見込んでいる。第1四半期の売上高は前年同期比12%増の8.8億円、営業利益は同75.1%減の500万円で着地した。次の成長に向けた先行投資を実施しているため、期初計画通りの進捗となっている。コーチ人材の採用も計画24名に対して10名が既に確定、下期以降の業績貢献に向けた育成が進んでいるようだ。そのほか、AIコーチングの導入も進んでおり、全社的に安定的な売上高・営業利益の成長が期待される。

<NH>

fisco

注目TOPIC

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。