FiscoNews

【注目トピックス 日本株】サンフロ不動産 Research Memo(9):修正予想からさらに2.0円増配し、1株当たり58.0円の配当

*16:29JST サンフロ不動産 Research Memo(9):修正予想からさらに2.0円増配し、1株当たり58.0円の配当
■サンフロンティア不動産<8934>の株主還元策

同社グループでは、株主還元の基本方針として、「長期的かつ安定的な利益還元に努める」「将来の成長に向けて積極果敢に挑戦する投資資金を確保する」「財務基盤の安定性を維持する」を掲げている。2024年3月期の年間配当は前期比10.0円増の1株当たり58.0円(配当性向23.6%)。期末配当は、2024年2月の修正予想からさらに2.0円増配し、2023年5月の期初予想から6.0円増(記念配当2円含む)となった。同社は2024年4月8日に創立25周年を迎えたが、同額維持となった2021年3月期を挟んで11期増配を継続しており、収益成長による企業価値の向上と株主に報いる方針が読み取れる。2025年3月期は前期比8.0円増の1株当たり66.0円(配当性向22.9%)を予定しており、今後も継続的に配当額を増やし、株主に長期的かつ安定的に応えていく姿勢が明確である。また、直近の1株当たり当期純利益は2022年3月期152.26円、2023年3月期238.98円、2024年3月期245.5円と右肩上がりであり、次期中期経営計画ではさらなる成長方針を打ち出している。安定配当を継続していることからも、中長期的な株価向上に対する蓋然性も高いと弊社では見ている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 茂木稜司)

<HN>

fisco

注目TOPIC

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。