FiscoNews

【注目トピックス 外国株】7日の中国本土市場概況:上海総合0.1%高で3日ぶり反発、不動産株に買い

*16:46JST 7日の中国本土市場概況:上海総合0.1%高で3日ぶり反発、不動産株に買い
7日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想する。米雇用統計が想定内の内容ならドル買いに振れ、157円を目指す見通し。一方、日銀の金融正常化に距離があるとの見方から円売り地合いが続き、ドルの押し上げ要因となりそうだ。

欧州中銀(ECB)は前日の理事会で想定通り政策金利を引き下げたが、今後の利下げには慎重な姿勢を示すとユーロは買戻し優勢の展開に。一方、米国の新規失業保険申請件数が前週よりも弱く、連邦準備制度理事会(FRB)の引き締め的な金融政策への期待を弱めた。ユーロ・ドルは1.0890ドル付近に持ち直し、ドル・円は155円40銭台に失速。ただ、本日アジア市場でドル売りは後退しドル・円は156円付近に浮上した。

この後の海外市場は米雇用統計にらみ。失業率と平均時給(前年比)は前回から横ばい、非農業部門雇用者数は増加が予想されている。雇用情勢の強さが意識されれば、FRBのタカ派的な政策方針を後押しし、金利高・ドル高の地合いを強める見通し。来週の連邦公開市場委員会(FOMC)は政策金利据え置きの公算だが、ドルは売りづらい。また、日銀による当面の緩和的な政策が見込まれ、ドル・円は円売り地合いが続く。

【今日の欧米市場の予定】
・18:00 ユーロ圏・1-3月期GDP確定値(前年比予想:+0.4%、改定値:+0.4%)
・21:30 米・5月非農業部門雇用者数(予想:+18.5万人、4月:+17.5万人)
・21:30 米・5月失業率(予想:3.9%、4月:3.9%)
・21:30 米・5月平均時給(前年比予想:+3.9%、4月:3.9%)
・21:30 カナダ・5月失業率(予想:6.2%、4月:6.1%)
・23:00 米・4月卸売在庫改定値(前月比予想:+0.2%、速報値:+0.2%)
・04:00 米・4月消費者信用残高(予想:+100.00億ドル、3月:+62.74億ドル)

<CS>

fisco

注目TOPIC

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。