FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】東京為替:ドル・円は反落、午後も円買い継続

*17:05JST 東京為替:ドル・円は反落、午後も円買い継続
7日の東京市場でドル・円は反落。前日海外市場で低下した米10年債利回りは早朝から持ち直し、ドル買い先行で155円93銭まで上昇。ただ、上値の重さを嫌気した円買いにで値を下げる展開に。午後も円買いが続き155円11銭まで値を切り下げた。
・ユーロ・円は169円82銭から168円94銭まで下落。
・ユーロ・ドルは1.0887ドルから1.0898ドルまで値を上げた。
・日経平均株価:始値38,597.55円、高値38,747.27円、安値38,560.85円、終値38,683.93円(前日比19.58円安)
・17時時点:ドル円155円30-40銭、ユーロ・円169円20-30銭
【経済指標】
・日・4月家計支出:前年比+0.5%(予想:+0.5%、3月:-1.2%)
・日・4月景気動向指数・先行速報値:111.6(予想:111.6、3月:111.7←112.2)
・独・4月鉱工業生産:前月比-0.1%(予想:+0.2%、3月:-0.4%)
・独・4月貿易収支:+221億ユーロ(予想:+227億ユーロ、3月:+222億ユーロ)
【要人発言】
・ナーゲル・ドイツ連銀総裁
「機械的に利下げを行うつもりはない」
・しむかす・リトアニア中銀総裁
「今年は複数回利下げが行われる可能性」
「データは明らかにディスインフレ」
・マクルーフ・アイルランド中銀総裁
「どのぐらいのペースで緩和するか、緩和自体を続けるかさえわからない」
・レーン・フィンランド中銀総裁
「インフレ率は低下し続け、利下げも景気回復を支えるだろう」
・鈴木財務相
「金利のある世界へ移行するなか市場の信認を確保する必要」
「為替介入は抑制的に行われるべきもの」
「急激な対応にはならす行為が必要」
「為替市場を注視し必要に応じて万全な対応を取る」
「外貨準備高の制約は考えていない」
・財務省
「5月末外貨準備のうち証券の減少率としては過去最大」

<TY>

fisco

注目TOPIC

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。