FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】NY金:大幅安、米長期金利の上昇やドル高を嫌気

*06:55JST NY金:大幅安、米長期金利の上昇やドル高を嫌気
COMEX金8月限終値:2325.00 ↓65.90

7日のNY金先物8月限は大幅安。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物8月限は、前営業日比-65.90ドル(-2.76%)の2325.00ドルで通常取引終了。時間外取引を含めた取引レンジは2305.10-2406.70ドル。アジア市場で2406.70ドルまで買われたが、利食い売りが増えたことによってじり安となり、米雇用統計発表後に一段安となった。米長期金利の上昇やドル高を嫌気した売りが活発となった。通常取引終了後の時間外取引で2305.10ドルまで下落。

<MK>

fisco

注目TOPIC

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。