FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】新興市場見通し:アストロスケールHD不発で25日線に跳ね返される地合いは継続

*15:07JST 新興市場見通し:アストロスケールHD不発で25日線に跳ね返される地合いは継続
■週間ベースでは上昇したものの、上値の重い展開

今週の新興市場は上昇。同時期の騰落率は、日経平均が+0.51%だったのに対して、グロース市場指数は+0.66%、グロース市場250指数は+0.51%とプライム市場と同じような動きが見られた。日米金利低下に伴いグロース市場の主力株に投資資金が向かい、グロース市場指数、グロース市場250指数ともに反発を強める場面が見られたものの、5日に上場したアストロスケケールHD<186A>に投資家の関心が集中したことから指数は失速。両指数ともに25日移動平均線に頭を抑えられており、週間ベースでは上昇したものの、上値の重い展開となった。

時価総額上位銘柄では、弁護士ドットコム<6027>、GENDA<9166>、サンウェルズ<9229>が反発基調を強めた一方、シーユーシー<9158>が上場来安値を更新したほか、フリー<4478>が年初来安値を更新。JTOWER<4485>、トライト<9164>は上場来安値圏、カバー<5253>は年初来安値圏でのもみ合いとなった。このほか、アストロスケールHDの初値は公開価格を50.7%上回る1281円と好調な滑り出しで、5日は一時ストップ高まで上昇。ただ、6日以降は売り圧力が強まり、7日は一時1000円を割り込む場面も見られた。連日で数百億円単位の売買代金と商い活況となったが、宇宙関連銘柄のispace<9348>、QPS研究所<5595>も軟調な展開となるなどグロース市場復活の起爆剤とはならなかった。

■来週もグロース市場は方向感に乏しい相場展開か

来週の新興市場は、アストロスケールHD上場後に盛り下がったムードを払しょくできるかが注目だ。グロース市場コア指数採用銘柄は強弱まちまちで方向感に乏しい。5月末から見られたグロース市場指数、グロース市場250指数の自律反発も、25日移動平均線に跳ね返された。終値ベースでこの水準をクリアしたのは両指数ともに3月22日が最後だ。2カ月超、切り下がっている25日移動平均線に頭を抑えられた地合いが続いていることから、まずはこの水準を上回るきっかけが欲しいところだが、来週は米国では、米連邦準備制度理事会(FRB)による米連邦公開市場委員会(FOMC)、日本では、日本銀行による金融政策決定会合がそれぞれ開催されることから、プライム市場もグロース市場も様子見ムードが続き、静かな地合いとなりそうだ。来週もグロース市場は方向感に乏しい相場展開となろう。

なお、11日には医療機関等に関する経営サポート事業を手掛けるD&Mカンパニー<189A>、14日にはRNA制御ストレスを標的とするがん治療薬の開発等を手掛けるChordia Therapeutics<190A>がそれぞれグロース市場に上場する。いずれも投資家の関心が高い銘柄のため、初値、そして初値形成後の値動きに関心が向かおう。特に、Chordia Therapeuticsの動向次第では、足元盛り上がったクオリプス<4894>、ケイファーマ<4896>、ノイルイミューン・バイオテック<4893>などバイオ関連銘柄が動意付く可能性もある。

<FA>

fisco

注目TOPIC

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。