マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】アドバネクス Research Memo(5):カーエレクトロニクス化と次世代車への移行が追い風

2017年2月2日 16:07

■事業戦略

アドバネクス<5998>は2000年に自動車市場に新規参入を決意し、2001年より受注活動を活発化させた。自動車市場は実績を重視することから、新規参入が容易でなく、製品サイクルが長いことから2012年頃になってようやく主要事業になった。同社が事業を拡大できた背景として、自動車の電子化の進展がある。普通車の場合、電子部品が製造コストに占める割合は2008年には15%であったが、2020年には36%まで上昇すると予想されている。自動車の安全性、快適性、環境対策、省エネルギー化、情報化に対応するためエレクトロニクス化が進む。電子部品のコスト比率は、ハイブリッド車(HV)が2008年の47%から2020年に67%へ上昇するとみられている。電気自動車(EV)では、2015年時点でも70%以上である。

日本は、COP21のパリ協定の批准に際して、国連気候変動枠組条約事務局に温室効果ガス排出量を2030年度までに2013年度比で26%削減するとの国際公約を提出した。経済産業省の実現計画では、運輸部門に28%の削減が割り当てられた。運輸部門は全体の17%を占め、うち自動車が9割、自家用乗用車に限定しても5割弱を排出している。今後、ますますHVやEVなど次世代車への移行が加速するだろう。

2016年11月における国内車名別販売台数のトップ10の内訳は、HV専用車が2、ガソリン車とHVモデルの両方をそろえるのが4、軽自動車が4であった。「サニー」以来、約30年ぶりに1位になった日産自動車<7201>の「ノート」は、モデルチェンジ時に新たにHVモデル「e-POWER」を追加したことで人気が出た。同モデルは、駆動系動力を電気モーターのみに依存し、エンジンは発電専用のシリーズ方式を採用している。トヨタ自動車<7203>は、2016年11月にEVの開発を担う社内ベンチャーを立ち上げた。新ベンチャーには、トヨタグループから豊田自動織機<6201>、アイシン精機<7259>、デンソー<6902>、トヨタ自動車の4社が参画している。トヨタ自動車は、「適時・適地・適車」の考えのもと、HV、プラグインハイブリッド車(PHV)、燃料電池車(FCV)、EVと全方向で環境車の開発を進めてきた。しかし、国ごとに法規制やインフラ整備が異なり、ゼロエミッション車普及に向けた規制強化が進むことから、EV開発のスピードアップを図っている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 瀬川 健)

<HN>

fisco

「FX運用ガイド」の注目記事

株は好調だがFXは? 取引に悩んでいる人はシストレが参考に
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
3か月で稼ぎは40万円以上、最大損は数万円に限定したシストレFX

カードローンQ&A

誰にも「ばれない」でカードローンを利用する事は出来るのか?
  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 9月は20万円の儲け ビジネスマンでも稼げたFXの取引方法を解説
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。