FiscoNews

【個別銘柄テクニカルショット】カナモト—52週線割れからのリバウンド狙い

*08:20JST <9678> カナモト - -
3月半ばにマドを空けての下落で13週、26週線を下放れ、52週線水準まで売られた。
その後は52週線が支持線として機能する一方で、26週線に上値を抑えられる値動きを継続。13週、26週線とのデッドクロス示現後は13週線に上値を抑えられる値動きのなか、先週は支持線の52週線を割り込んで終えた。一方で週足の一目均衡表の雲上限まで調整したことから、上向きで推移する雲上限に沿ったリバウンド狙いが意識されやすい。

<FA>

fisco

注目TOPIC

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。