FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】欧米為替見通し:ドル・円は底堅い値動きか、日米政策にらみもドル選好地合いに

*17:25JST 欧米為替見通し:ドル・円は底堅い値動きか、日米政策にらみもドル選好地合いに
10日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想する。今週の日米中銀による政策決定を控え、様子見ムードが広がりやすい。ただ、前週末の堅調な米雇用統計でドル買い継続。インフレ関連指標が堅調なら、ドル選好地合いを強めそうだ。

前週末の米雇用統計は平均時給が前回から伸びが加速し、非農業部門雇用者数は増加。良好な雇用情勢は連邦準備制度理事会(FRB)のタカ派的な政策方針を後押しする材料になり、金利高・ドル高に振れた。ユーロ・ドルは1.08ドル付近に軟化し、ドル・円は157円付近に上昇。週明けアジア市場はドル買い地合いが続き、157円台に浮上した。また、日経平均株価の堅調地合いで円売りに振れ、主要通貨を押し上げた。

この後の海外市場は明日から開催される連邦公開市場委員会(FOMC)をにらみ、動きづらい。週末の欧州議会選でフランスは極右勢力が大勝し、同国は議会を解散し今月末に選挙が行われることになった。与党敗北を警戒したユーロ売りが優勢となれば、ドルを押し上げる見通し。また、今晩公表される米NY連銀1年インフレ期待が堅調なら、ドル高基調を強めるだろう。157円後半は上値が重いが、下げづらい値動きとみる。

【今日の欧米市場の予定】
・24:00 米・5月NY連銀1年インフレ期待(4月:3.26%)
・02:00 米財務省・3年債入札

<CS>

fisco

注目TOPIC

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。