FiscoNews

【注目トピックス 日本株】前日に動いた銘柄 part1 シーイーシー、カナモト、ミガロHDなど

*07:15JST 前日に動いた銘柄 part1 シーイーシー、カナモト、ミガロHDなど
銘柄名<コード>10日終値⇒前日比
ショーケース<3909> 305 +12
サイボウズの「kintone(キントーン)」での業務をサポートする
AIアシスタントのβ版をリリース。

ランドネット<2991> 1196 +55
第3四半期累計の営業利益が37.4%増と上期の6.7%増から増益率が拡大。

ヌーラボ<5033> 940 +32
全国で「Backlog」のイベント開催を決定。

クラダシ<5884> 310 +80
株主優待制度を導入。

メディア総研<9242> 1600 -200
第3四半期累計の営業利益が7.3%増の2.90億円と上期の2.63億円から伸び悩み。

シーイーシー<9692> 2055 +264
高水準の自己株式取得実施を好感。

カナモト<9678> 2989 +424
2-4月期収益改善で上半期は2ケタ営業増益に。

ミガロHD<5535> 5120 +570
相次ぐ「FreeiD」の導入を引き続き材料視。

ベステラ<1433> 1033 +94
業績上方修正や累進配当導入をポジティブ視。

三菱製紙<3864> 837+69
有配かつ低PBR銘柄として短期資金の関心向かう。

ユニチカ<3103> 255 +11
先週末にはADAS市場に攻勢などと一部で伝わる。

西武HD<9024> 2366.5+116.0
とくに目立った材料なく買い戻しなど優勢か。

SOMPO<8630> 3433 +103
RIZAPへの出資を発表、シナジー効果期待が先行。

リログループ<8876> 1665 +56.5
みずほ証券では目標株価を引き上げ。

JCRファーマ<4552> 579 +22
投資判断格下げなどで先週末は売り先行も。

M&A総研<9552> 3450 -455
M&A各社には手数料体系など情報開示要請迫る方向へ。

ストライク<6196> 4200 -375
M&A手数料規制導入への警戒感が先行。

M&Aキャピタルパートナーズ<6080> 2068 -159
M&A銘柄は軒並み急落の展開に。

日本M&Aセンターホールディングス<2127> 737.2 -29.3
「新しい資本主義実行本部」の原案がM&A関連の売り材料に。

花王<4452> 6740 -288
ゴールドマン・サックス証券では投資判断を格下げ。

KADOKAWA<9468> 3233 -132
不正アクセスの可能性などでサービス停止。

エムスリー<2413> 1551.5 -59
米利下げ先送り観測でグロース株の一角弱い。

エービーシー・マート<2670> 3010 -141
SMBC日興証券では投資判断を格下げ。

<CS>

fisco

注目TOPIC

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。