FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】NYの視点:NY連銀1年期待インフレは低下、5年期待インフレは上昇

*07:41JST NYの視点:NY連銀1年期待インフレは低下、5年期待インフレは上昇
NY連銀が発表した5月分の消費者調査によると、1年先のインフレ期待は3.17%と4月3.26%から低下した。3年先は2.8%で4月から変わらず。5年は3.0%と、4月の2.8%から上昇した。連邦準備制度理事会(FRB)は特に長期の期待インフレ動向を注視。

労働市場の状況では、職を失う確率は12.4%へ低下、自主退職も19.6%へ上昇するなど、労働市場への自信も根強い。消費を支え、インフレ改善にも時間を要する可能性がある。

●米5月NY連銀消費者調査
:1年先インフレ期待:3.17% (4月:3.26%)、3年先:2.8%(2.8%)、5年先:3.0%(2.8%)
・中間住宅価格の伸び:+3.3%
・1年先のガス価格:+4.8%、食品+5.3%、賃貸+9.1%、医療コスト9.1%、大学費:-8.4%

■労働市場
・賃金の伸び1年先:2.7%
・職を失う確率12.4%へ低下、自主退職:19.6%へ上昇
・新規の職を得られる確率:52.2%へ上昇

<CS>

fisco

注目TOPIC

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。