FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】東証グロース市場250指数先物概況:買い優勢で終日堅調推移

*15:56JST 東証グロース市場250指数先物概況:買い優勢で終日堅調推移
6月11日の東証グロース市場250指数先物は前営業日比8pt高の631pt。なお、高値は633pt、安値は621pt、日中取引高は9086枚。週明け10日の米国市場のダウ平均は反発。ソフトランディング期待が下値を支え、アップルのイベントでの新人工知能(AI)機能発表を期待したハイテク株の買いが相場を押し上げた。今週予定されている消費者物価指数(CPI)の発表や連邦公開市場委員会(FOMC)を控え様子見気配が強まったが、プラス圏を維持。主要株価指数がそろって上昇した米株市場を横目に、本日の東証グロース市場250指数先物は前営業日比1pt安の622ptからスタートした。
ただ、朝方に買い戻しが広がりプラス圏に浮上すると、急速に上げ幅を広げて午後には本日高値633ptをつけた。終盤にかけてやや失速したが、631ptで取引を終了した。米株高を受けて投資家心理が改善、日米中銀ウィークを迎えていることから大型株や日経225先物は積極的な売買が手控えられた一方で、新興株や東証グロース市場250指数先物に幕間つなぎの物色が向かった。東証グロ-ス市場の主力株では、トライアルホールディングス<141A>やインテグラル<5842>などが上昇した。

<TY>

fisco

注目TOPIC

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。