FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】個別銘柄戦略:ラクスルや正栄食などに注目

*09:05JST 個別銘柄戦略:ラクスルや正栄食などに注目
昨日11日の米株式市場でNYダウは120.62ドル安の38,747.42、ナスダック総合指数は151.02pt高の17,343.55、シカゴ日経225先物は大阪日中比275円安の38905円。為替は1ドル=157.10-20円。今日の東京市場では、第3四半期累計の営業利益が50.2%増となり期末に初配1.7円を実施すると発表したラクスル<4384>、24年10月期業績予想を上方修正した正栄食<8079>、中期経営計画を発表し29年3月期営業利益370億円目標(24年3月期180億円)とした日製鋼所<5631>、SBI<8473>が191万100株(議決権総数の5.00%)
を上限に市場で買い付けると発表したMDV<3902>、長崎大学から紙のデジタル化と生成AI活用支援サービス「Dgent」の導入を受注したと発表したニーズウェル<3992>、NTTDIM<3850>の新パートナー制度で上位3社のプラチナパートナーに認定されたと発表したフォーカス<4662>、東証スタンダードでは、上期営業利益が前年同期比2.2倍となったアールエイジ<3248>、第3四半期累計の営業利益が35.7%増となったSYSHD<3988>、24年4月期業績予想を上方修正したトップカルチャ<7640>などが物色されそうだ。一方、25年4月期営業利益が横ばい予想と発表した柿安本店<2294>、25年4月期営業利益が17.5%増予想だが中期経営計画を下回ると発表したロックフィルド<2910>、東証スタンダードでは、第1四半期営業利益が0.14億円にとどまったOSGコーポ<6757>などは軟調な展開が想定される。

<CS>

fisco

注目TOPIC

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。