マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】後場に注目すべき3つのポイント~雇用統計を控え一部ショートカバーを意識

2017年2月3日 12:21

3日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

・雇用統計を控え一部ショートカバーを意識
・ドル円は112円67銭、下げ渋り、米金利の上昇で
・シンクレイヤ、DWTI、プラザクリエなど8社がストップ高


■雇用統計を控え一部ショートカバーを意識

日経平均は下落。70.91円安の18843.67円(出来高概算11億1000万株)で前場の取引を終えている。日経平均は反発して始まり、その後節目の19000円を回復する場面もみられた。2日の米国市場はトランプ大統領の強硬な外交手法への警戒感から売りが先行。米景気に楽観的な見方と政治・経済情勢への慎重な見方が交錯しており、3日の雇用統計結果を見極めたいとの模様眺めムードが強まっていた。ただし、シカゴ日経225先物清算値は大阪比110円高の19040円だったこともあり、前日の大幅な下げに対する自律反発の流れとなった。

しかし、日銀の国債買い入れオペ通知をきっかけに長期金利が上昇したほか、円相場が円高に振れて推移しているなか、戻り待ちの売り圧力から下げに転じている。セクターでは非鉄金属、銀行、その他製品、保険、水産農林、食料品、医薬品、石油石炭が上昇。半面、空運、陸運、ゴム製品、海運、情報通信、鉄鋼、機械が冴えない。

日経平均は19000円を回復する場面をみせたものの、再び割り込んでしまっている。5日線や一目均衡表の雲上限に上値を抑えられる格好となり、戻り待ちの売り圧力が強まりやすい状況である。ただ、ソニー<6758>など決算を手掛かりとした物色がみられているほか、長期金利の上昇を受けてメガバンクが物色されるなど、地合いはそれ程悪くないようだ。不安定ながらも物色意欲は根強く、決算やテーマ材料などを手掛かりとした個別物色は続こう。

また、雇用統計の結果次第では再び利上げ観測が高まりやすく、円相場も円安に振れる可能性があるため、自動車やハイテク株などには大引けにかけてポジション調整に伴う買戻しが意識される。その他、中国市場の休場明けにより、省力化など設備投資関連辺りも引き続き注目しておきたい。
(株式部長・アナリスト 村瀬智一)


■ドル・円は112円67銭、下げ渋り、米金利の上昇で

ドル・円は112円後半で寄り付いた後、日銀の国債買入れオペで長期債の増額が明らかになったことで下落方向に振れた。これを受け、日経平均株価はマイナス圏に転落した。

ランチタイムの日経平均先物は軟調地合いとなり、日本株のプラス圏再浮上は現時点では期待しにくい。ただ、米10年債利回りが上昇基調となっており、ドルの下値は堅そうだ。
ここまでのドル・円の取引レンジは112円52銭から113円14銭、ユーロ・円は121円09銭から121円69銭、ユーロ・ドルは1.0755ドルから1.0770ドルで推移した。


12時18分時点のドル・円は112円67銭、ユーロ・円は121円12銭、ポンド・円は141円07銭、豪ドル・円は86円13銭で推移している。


(為替・債券アナリスト 吉池威)


■後場のチェック銘柄

・シンクレイヤ<1724>、DWTI<4576>、プラザクリエ<7502>など8社がストップ高
※一時ストップ高(気配値)を含みます

・麻生財務相
「金融政策は円安誘導を目的としていない」

・スイス中銀代理政策委員
「将来的な金融政策正常化は可能」

・中1月財新製造業PMI:51.0(予想:51.8、12月:51.9)


☆後場の注目スケジュール☆

<国内>
・特になし

<海外>
・14:00 印・サービス業PMI(1月)
・14:00 印・総合PMI(1月)

<SK>

fisco

「FX運用ガイド」の注目記事

衆院選後の円安を狙うならリスク抑えめのFX「シストレ」は?
円安は好機? FX初心者のライターE氏がシストレで9月は20万円の儲け
取引全自動のFXシストレ 5万円元手に1か月で8万円稼いだ実力

カードローンQ&A

誰にも「ばれない」でカードローンを利用する事は出来るのか?
  • 不況を断ち切るマーケティング思考とは?
  • 9月は20万円の儲け ビジネスマンでも稼げたFXの取引方法を解説
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。