マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】システム ディ Research Memo(7):公立高校向けは順調な進捗

2017年2月6日 16:08

■事業部門別動向

(4)公教育ソリューション事業

公教育ソリューション事業は公立の小・中・高校向けに校務支援システム「School Engine」を提供している。私立学校や(規模が大きい)国公立大学を対象とする学園ソリューション事業との大きな違いとして、自治体の教育委員会が管理している公立学校では予算の制約が厳しいこと、中小規模の学校が多いこと、などが挙げられる。こうした実情に合わせて、システムディ<3804>では「School Engine」をクラウドサービスで提供している。今は教育委員会集中管理型が大半だが、完全クラウド対応を完了しているのは業界の中では同社だけでクラウド化の進展により今後の拡大が見込まれる。

公教育ソリューション事業のもう1つの特徴は、直接の売込み先が個々の学校ではなく、県あるいは市町村の教育委員会であるという点だ。各教育委員会が導入を決定すれば、当該教育委員会が管轄する公立学校すべてに(一部例外はある)導入されるという流れになる。その意味では私立学校向けよりも営業効率が良いようにも見えるが、必ず入札というプロセスを経る必要があるため、確実性は私立学校向けよりも低くなりがちだと弊社ではみている。クラウド化によるスケールメリットは、この点を補う上では重要なポイントと言える。対象顧客別では、都道府県レベルの教育委員会を顧客化し公立高校を取り込むことが最も効率は良いが、学校数で言えば全国約1,700の市町村教育委員会が管轄する小・中学校が圧倒的に多く、ここにおけるシェア拡大も重要テーマであることに変わりはない。

公教育ソリューション事業の2016年10月期は、トップシェアを握る都道府県立学校(主として高校)市場と、市町村立学校市場(主として小・中学校)の両方で導入校数を拡大させた。2016年10月末時点では全国927校に同社製品が導入されている。特に高等学校では13県が同社製品を導入しており、これは実質的市場シェアで50%超に相当するとみられる。同社では、全都道府県が導入した最終時点でも50%のシェア(25都道府県への納入)を目指している。公立高校向けではほかに堺市と京都市(いずれも政令指定都市)も同社製品を導入しており、高校向けは順調な進捗となっている。

一方、小・中学校向けは、顧客数は着実に増加しているものの36市町村にとどまっている。マーケットサイズが約1,700自治体であることを考えると、進捗としては遅れている印象だ。この理由として同社は、クラウドサービスへの理解が進みにくいことを挙げている。クラウドサービスの利便性よりも個人情報流出へのリスクがより強く認識されているということだ。この点については根気強く説明をして理解を求めるほか、各自治体の担当者(教育委員)のコンピューターリテラシーに対応した操作性の向上を図るなどの、地道な営業努力を続けることが必要と考えられる。

2017年10月期は、当初2016年10月期に予定されていた県立高校に関する入札案件が2017年10月期にずれ込んだ影響がプラスに働くため、この点で一段の業容拡大が期待される。同社は当該案件について既に落札し、確定受注としている。現時点では校務支援ソフトを未導入の自治体も、徐々にそうした支援ソフトを導入する流れにあることは疑いなく、完全クラウド化による低コストを武器に、着実に顧客数を拡大していくと弊社では期待している。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)

<HN>

fisco

「FX運用ガイド」の注目記事

株は好調だがFXは? 取引に悩んでいる人はシストレが参考に
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
3か月で稼ぎは40万円以上、最大損は数万円に限定したシストレFX

カードローンQ&A

誰にも「ばれない」でカードローンを利用する事は出来るのか?
  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 9月は20万円の儲け ビジネスマンでも稼げたFXの取引方法を解説
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。