FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】東証グロース市場250指数先物概況:手掛かり難で小動き

*17:02JST 東証グロース市場250指数先物概況:手掛かり難で小動き
7月2日の東証グロース市場250指数先物は前営業日比1pt安の639pt。なお、高値は642pt、安値は634pt、日中取引高は4463枚。前日1日の米国市場のダウ平均は反発。6月ISM製造業景気指数が市場予想に反し小幅に低下、3カ月連続での活動縮小となったことで、成長減速懸念から下落に転じた。長期金利の上昇も相場の重しとなり、ダウ平均は前営業日終値近辺で推移。ナスダック指数は根強い人工知能(AI)期待に買われたマイクロソフトなどが支えた。本日の東証グロース市場250指数先物は前営業日比変わらずの640ptからスタートした。日経平均が40000円台を回復する中、手掛かり難から商いも細り、方向感の定まらない値動きで推移。FRBのパウエル議長発言やECBのラガルド総裁発言を控え、見送りムードが高まる一方、本日新規上場のPRISMBio<206A>がストップ高を付けたことからバイオベンチャーの一角に見直し買いが入るなど下値は限定的となり、639ptで取引を終了した。東証グロ-ス市場の主力株では、カバー<5253>やQPS研究所<5595>などが下落した。

<TY>

fisco

注目TOPIC

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。