FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】今日の為替市場ポイント:米長期金利の高止まりを意識してドルは下げ渋る可能性

*08:18JST 今日の為替市場ポイント:米長期金利の高止まりを意識してドルは下げ渋る可能性
2日のドル・円は、東京市場では161円41銭から161円74銭まで上昇。欧米市場では161円70銭から161円24銭まで下落し、161円45銭で取引終了。本日3日のドル・円は主に161円台で推移か。米長期金利の高止まりを意識してドルは下げ渋る可能性がある。

米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は7月2日に開かれた欧州中央銀行(ECB)主催の会合で経済や金融政策について意見を述べた。報道によると、「ディスインフレ傾向に再開の兆しがみられる」、「政策金利を引き下げる前に一段の確信が必要」、「リスクは一段と均衡化しつつある」、「インフレ率は来年末かその翌年に2%に戻る可能性がある」などの見解を伝えたようだ。市場参加者の間からは「パウエルFRB議長の発言内容は市場コンセンサスとおおむね一致している」との声が聞かれた。年内に利下げが行われる可能性は引き続き高いとみられており、一部の市場参加者は「労働市場の動向次第では年末までに2回の利下げが行われる可能性がある」と指摘している。

<CS>

fisco

注目TOPIC

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。