マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】今日の為替市場ポイント:フランスのEU離脱懸念などでリスク選好の円売り抑制へ

2017年2月7日 8:17

6日のドル・円相場は、東京市場では112円23銭から112円78銭まで反発。欧米市場でドルは111円63銭まで下落し、111円74銭で取引を終えた。

本日7日のドル・円は、112円前後で推移か。フランスが欧州連合(EU)から離脱するとの懸念が浮上したことや12月の米貿易収支に対する警戒感が広がっていることから、リスク選好的な円売りは抑制される見込み。

市場関係者の間では、今年4月ないし5月に予定されているフランス大統領選挙で国民戦線(FN)のルペン党首が勝利するとの見方が広がっている。ルペン氏は一部メディアとの会見で、「大統領選で当選すれば半年後に欧州連合(EU)離脱の是非を問う国民投票を実施する」と答えている。

フランスのEU離脱の可能性について、市場関係者の間からは「国民の過半数が支持しているわけではなく、英国のケースと同一視することはできない」との声が聞かれている。ただし、ルペン氏が大統領選で勝利することはフランスのEU離脱の可能性が高まることを意味するものであり、金融市場に大きな影響を与えることは避けられないとの指摘もある。

米トランプ政権の政策に対する不安感やフランスのEU離脱懸念は金融市場の不確実性を高める要因となりそうだ。6日の欧州株式は総じて下落したが、市場関係者の多くがフランスのEU離脱リスクを意識した場合、米国やアジア諸国の株式市場にも影響が及び、リスク回避的な取引は一段と広がる可能性がある。

<SK>

fisco

「FX運用ガイド」の注目記事

株は好調だがFXは? 取引に悩んでいる人はシストレが参考に
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
3か月で稼ぎは40万円以上、最大損は数万円に限定したシストレFX

カードローンQ&A

誰にも「ばれない」でカードローンを利用する事は出来るのか?
  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 9月は20万円の儲け ビジネスマンでも稼げたFXの取引方法を解説
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。