FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】東証グロース市場250指数先物見通し:75日線意識も確りか

*07:42JST 東証グロース市場250指数先物見通し:75日線意識も確りか
本日の東証グロース市場250指数先物は、75日移動平均線を意識しつつ、確りとした展開になりそうだ。前日3日の米国市場のダウ平均は23.85ドル安の39308.00ドル、ナスダック指数は159.54pt高の18188.30pt。朝方発表された労働関連指標が弱く、長期金利が低下したことが相場を支えた。独立記念日祭日前日の短縮取引で動意が乏しく、加えて取引終了後に6月の連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨、5日に6月雇用統計の発表を控え、様子見姿勢が広がる中、ダウ平均はわずかに下落。ナスダック指数は堅調に推移し、最高値を更新して取引を終えた。まちまちで終了した米株市場を横目に、本日の東証グロース市場250指数先物は75日移動平均線を意識しつつも底堅い動きとなりそうだ。独立記念日による米国市場休場や欧州中央銀行(ECB)議事要旨を控え、積極的なポジション構築は限られるものの、上値抵抗線となっている75日移動平均線を明確に上抜けば、売り手が買い戻しを余儀なくされる展開となり、上げ幅を拡大する可能性もあるだろう。なお、夜間取引の東証グロース市場250指数先物は前営業日日中終値比5pt安の651ptで終えている。上値のメドは660pt、下値のメドは640ptとする。

<TY>

fisco

注目TOPIC

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。