FiscoNews

【注目トピックス 日本株】前日に動いた銘柄 part2 アールプランナー、霞ヶ関キャピタル、川崎重工業など

*07:32JST 前日に動いた銘柄 part2 アールプランナー、霞ヶ関キャピタル、川崎重工業など
銘柄名<コード>4日終値⇒前日比
霞ヶ関キャピタル<3498> 14860 -1350
3日の急伸を受けて戻り売りが優勢に。

川崎重工業<7012> 5978 -473
海自隊員に金品提供の疑いと伝わる。

エービーシー・マート<2670> 2729.5 -145.5
第1四半期決算にサプライズなく出尽くし感が先行。

アスクル<2678> 2060 -100
今期の増益率鈍化見通しをマイナス視。

ANYCOLOR<5032> 2453 -159
自社株買い終了で需給妙味が後退へ。

野村マイクロ・サイエンス<6254> 4045 -215
半導体関連株伸び悩みも重しに。

TOWA<6315> 10940 -180
半導体関連では伸び悩むものも目立ち。

エーザイ<4523> 6373 -187
メリルリンチ日本証券では投資判断を格下げ。

ユニチカ<3103> 280 -10
利食い売り優勢継続で7日続落へ。

フジクラ<5803> 3099 -87
25日移動平均線が上値の重しに。

北海道電力<9509> 1139 -38.5
4日は電力株が全面安の展開に。

アズジェント<4288> 720 +16
サイバーセキュリティ関連として関心続く。

サイオス<3744> 593 +11
サイオステクノロジーとAerospikeが協業開始と。

アンビDX<3300> 1040 +41
電通デジタルとセールスDXソリューションの概念実証を開始。

アールプランナー<2983> 1154 +118
25年1月期業績予想の上方修正と増配発表で3日ストップ高。4日も買い人気。

DELTA-P<4598> 610 -27
DFP-14323の臨床第3相比較試験の症例登録開始で買い先行するも失速。

リグア<7090> 1921 -59
集積機能性ミネラル結晶体(IFMC.)の新商品への思惑から
3日人気化するも大陰線。4日は改めて買い優勢。

GRCS<9250> 1924 -76
「生成AI セキュリティリスクマネジメント支援」サービスメニュー拡充を
引き続き材料視するも買い続かず。

pluszero<5132> 2229 +50
25日線明確に上回り反騰機運高まる。

AB&Company<9251> 920 +7
6月の国内既存店売上高が0.8%増と5月の1.5%減から増加に転じるも上値は重い。

メドレックス<4586> 152 -20
25日線下回り手仕舞い売りも。

セキュア<4264> 2033 +37
25日線を明確に上回り先高期待高まる。

AnyMind<5027> 1205 +39
投資家の質問に対する「M&Aの規模拡大の可能性」との回答を引き続き材料視。

<CS>

fisco

注目TOPIC

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。