FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】NY金は保ち合いか サンワード貿易の陳氏(山崎みほ)

*09:29JST NY金は保ち合いか サンワード貿易の陳氏(山崎みほ)
皆さん、こんにちは。フィスコリサーチレポーター山崎みほの気になるレポートです。今回は、NY金についてのレポートを紹介します。

陳さんはまず、『NY金は保ち合いか』と述べています。

続けて、『週明け1日のNY金は、新規材料難の中、小幅反落。前週末比0.70ドル(0.30%)安の1オンス=2338.90ドル。2日は、米雇用関連指標の発表を受けたドル買いの動きを嫌気して売られ、続落した。前日比5.50ドル(0.24%)安の1オンス=2333.40ドル』と伝え、『5月米雇用動態調査(JOLTS)によると、非農業部門求人数は前月比22万1000件増の814万件と、市場予想の791万件を上回った』と解説しています。また、『FRBのパウエル議長は2日、ポルトガルで行われた欧州中央銀行(ECB)主催の会合で、最近のインフレ指標の動向を踏まえ「インフレ鈍化の道に戻っている」との見解を示した一方で、利下げを巡り「特定の時期を明示しない」と述べるにとどめた。3日のCME FEDWATCHによると、市場は9月と12月の年2回の利下げを織り込んでいる』と述べています。

次に、『今週は、3日に6月ADP全米雇用報告、6月米ISM米サービス業PMI、米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(6月11~12日開催分)、5日に6月米雇用統計がそれぞれ発表される。年内の米利下げに関する手掛かりが出てくる可能性がある。4日が独立記念日で休場となるため、週末の雇用統計が発表されるまでは動きにくくなるだろう。2日のパウエルFRB議長の講演では、政策決定について、「データ次第」との姿勢を改めて示したが、雇用統計で労働需給の鈍化が示唆されれば、金の支援材料になるだろう』と言及しています。

また、『欧米の政局が不透明感を増していることも金相場をサポートしている』と述べています。

こうしたことから陳さんは、『NY金は米国市場の休場、重要経済指標の発表待ちで動きにくいだろう』と考察しています。

今週のNY金のレンジについては、『2300~2360ドル』と予想しています。

参考にしてみてくださいね。

上記の詳細コメントは、ブログ「テクニカルマイスター」の7月3日付「NY金は保ち合いか」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

フィスコリサーチレポーター 山崎みほ

<CS>

fisco

注目TOPIC

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。