FiscoNews

【注目トピックス 日本株】TrueData Research Memo(7):成長加速フェーズ、2026年3月期売上高2,000百万円以上を目指す

*13:37JST TrueData Research Memo(7):成長加速フェーズ、2026年3月期売上高2,000百万円以上を目指す
■中期成長戦略

True Data<4416>は2023年5月に、今後3年間を成長加速フェーズと位置付け、2026年3月期に売上高2,000百万円以上、営業利益160百万円以上、営業利益率8.0%以上を達成するという数値目標を掲げた。あくまで緻密な積上げによる事業計画ではないとしながらも、経営としてコミットする下限の目標数値を投資家向けに開示した。売上高はM&Aなどを除いたオーガニックグロースで、年率11〜12%の成長率を想定している。現在の主力サービスである「ショッピングスキャン」「イーグルアイ」「ドルフィンアイ」などのストック型売上を積み上げ、10%以上の成長を目指す。そのうえに、「POS分析クラウド」「Poswell」「Shopping Scan for LINE」「SalesSensor」「POSデータクレンジングサービス」「Potential Scan」などの新領域/新サービスで20%以上の成長を目指す。M&Aなどは機会を狙いながら継続的に検討していくこととしている。利益面では、成長に向けた投資を行いながら、ストック型売上と新サービスにより継続的に利益率を高めていく計画だ。同社のビジネスは限界利益率が高いため、売上成長が加速すれば営業利益率が継続的に向上する収益構造になっている。したがって、営業利益率8%達成後は早期に10%を視野に入れていく想定である。

2024年3月期は、新領域である「POS分析クラウド」が当初の想定を上回る受注を獲得し事業の成長を牽引した。2025年3月期は現在の主力サービスからなる既存領域の成長と合わせ、新領域のスケール化により業績拡大を図ることでさらに成長を加速させ、2026年3月期の数値目標を達成する考えである。

(執筆:フィスコアナリスト 村瀬智一)

<SO>

fisco

注目TOPIC

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。