FiscoNews

【注目トピックス 日本株】ミダックHD Research Memo(6):2024年3月期は前回予想を上回る大幅増収増益で着地

*16:06JST ミダックHD Research Memo(6):2024年3月期は前回予想を上回る大幅増収増益で着地
■ミダックホールディングス<6564>の業績動向

1. 2024年3月期連結業績の概要
2024年3月期の連結業績(第3四半期より遠州砕石とフレンドサニタリーのP/Lを取り込み)は売上高が前期比22.8%増の9,547百万円、営業利益が同28.4%増の3,538百万円、経常利益が同25.5%増の3,377百万円、親会社株主に帰属する当期純利益が同13.1%増の1,907百万円だった。前回予想(2024年2月14日付で売上高を852百万円上方修正、営業利益を340百万円上方修正、経常利益を320百万円上方修正、親会社株主に帰属する当期純利益を2百万円下方修正し、売上高9,307百万円、営業利益3,354百万円、経常利益3,196百万円、親会社株主に帰属する当期純利益1,728百万円)を上回る大幅増収増益で着地した。廃棄物処分事業の奥山の杜クリーンセンターにおける廃棄物受託量の大幅増加が全体業績を牽引し、収集運搬事業において第3四半期からP/Lを取り込んだフレンドサニタリーの業績も寄与した。

売上総利益は前期比26.7%増加し、売上総利益率は同1.8ポイント上昇して61.4%となった。利益率の高い最終処分の大幅伸長が牽引した。販管費はM&Aに係る費用や一般管理費の増加などで同24.1%増加し、販管費比率は同0.2ポイント上昇して24.3%となった。この結果、営業利益率は同1.6ポイント上昇して37.1%となり、高収益化が一段と進展した。なお設備投資額は同956百万円増の2,457百万円、減価償却費+のれん償却費は同124百万円増の929百万円だった。

売上高の前期比1,775百万円増の内訳は水処理が25百万円増、焼却処理が43百万円減、最終処分が1,222百万円増、その他廃棄物処分が38百万円増、収集運搬が595百万円増、仲介管理が11百万円増、その他が25百万円増、調整額が99百万円減だった。営業利益の前期比783百万円増の内訳は水処理が18百万円増、焼却処理が72百万円減、最終処分が1,064百万円増、その他廃棄物処分が87百万円減、収集運搬が124百万円増、仲介管理が15百万円増、その他が29百万円減、調整額が249百万円減だった。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 水田雅展)

<SO>

fisco

注目TOPIC

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。