FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】欧米為替見通し:ドル・円は弱含みか、米雇用情勢の悪化でドル売り地合い

*17:25JST 欧米為替見通し:ドル・円は弱含みか、米雇用情勢の悪化でドル売り地合い
5日の欧米外為市場では、ドル・円は弱含む展開を予想する。今晩の米雇用統計は弱めの内容が予想され、連邦準備制度理事会(FRB)の利下げ前倒しを想定したドル売りに振れやすい。フランス議会選の決選投票をにらみ円買いも見込まれる。

前日は米独立記念日に伴う休場で薄商いのなか、欧州株高を背景にユーロ・ドルが1.0810ドル台に、ユーロ・円は174円30銭台に強含んだ。一方、3日の低調な米経済指標でドル売りに振れ、ドル・円は弱含む場面もあったが、ユーロ・円に支えられ161円台を維持した。本日アジア市場で過去最高値に浮上した日経平均株価の失速で、リスク選好の円売りは後退。米金利の低下によりドル・円は160円台に値を下げた。

この後の海外市場で注目される米雇用統計は失業率が横ばい、非農業部門雇用者数は前月から減少の見通し。平均賃金は鈍化が予想され、インフレ圧力の低下によりFRBの引き締め姿勢を弱める手がかりになりやすい。逆に想定外に改善すればドルは162円を目指すものの、高値では日本の為替介入を警戒した売りが強まるだろう。他方、週末に向けフランス議会選の決選投票を見極めようと、安全通貨の円に買いが入りやすい。

【今日の欧米市場の予定】
・18:00 ユーロ圏・5月小売売上高(前月比予想:+0.2%、4月:-0.5%)
・18:40 ウィリアムズNY連銀総裁基調講演(インド中銀イベント、ムンバイ)
・21:30 米・6月非農業部門雇用者数(予想:+19.0万人、5月:+27.2万人)
・21:30 米・6月失業率(予想:4.0%、5月:4.0%)
・21:30 米・6月平均時給(前年比予想:+3.9%、5月:+4.1%)
・21:30 カナダ・6月失業率(予想:6.3%、5月:6.2%)
・02:15 ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁講演

<CS>

fisco

注目TOPIC

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。