FiscoNews

【注目トピックス 日本株】前日に動いた銘柄 part2 アズジェント、ダイドーリミテッド、テクニスコなど

*07:32JST 前日に動いた銘柄 part2 アズジェント、ダイドーリミテッド、テクニスコなど
銘柄名<コード>5日終値⇒前日比
さくらインターネット<3778> 4070 -170
特に材料ないが商い減少傾向で見切り売りが優勢。

新日本科学<2395> 1354 -57
ジェフリーズ証券では投資判断を格下げ。

東北電力<9506> 1382 -51
5日も電力株は全般売り優勢に。

ラウンドワン<4680> 801 -56
6月既存店発表後は出尽くし感優勢の流れ続く。

日本金銭機械<6418> 1161 -51
新紙幣発行開始に伴う出尽くし感が続く。

三井E&S<7003> 1458 -65
4日上昇分が押し戻される格好で。

DMG森精機<6141> 4223 -161
ユーロ・円の伸び悩みなどは逆風か。

アズジェント<4288> 801 +81
サイバーセキュリティ関連として関心続く。

ダイドーリミテッド<3205> 1095 +150
配当方針の変更や自己株式取得を発表で。

テクニスコ<2962> 612 +100
航空宇宙関連、並びにAI半導体関連などとはやされる。

倉元製作所<5216> 427 +28
筆頭株主の保有株一部売却が伝わっているが。

Shinwa<2437> 387 -80
不適切な会計処理の疑いが判明と発表。

伊勢化学工業<4107> 21290 -1910
週末要因からの手仕舞い売りが優勢。

サンバイオ<4592> 1001 -79
主要開発品SB623に関する論文がニューロサイエンス・オンライン版に掲載。

WASHハウス<6537> 364 +2
オリジナル洗濯機・乾燥機の発表会を7月20日に開催。

ティムス<4891> 226 -18
北海道大学と独占的実施許諾契約で4日買い先行するも大陰線。
5日は売り先行。

データセクション<3905> 1840 +10
25日線を明確に上抜け先高期待高まる。

ジェネパ<3195> 260 -2
サービスやツールの期限切れリスクを回避できるサービス開始で
人気化するも買い続かず。

AHCグループ<7083> 2050 -167
25日線を下回り見切り売りも。

ダイブ<151A> 3865 +335
6月高値上回り先高期待高まる。

レナサイエンス<4889> 353 -12
RS5441のマイルストーン受領で4日人気化するも失速。5日は売り優勢。

DELTA-P<4598> 605 -5
DFP-14323の臨床第3相比較試験の症例登録開始で4日買い先行するも
長い陰線に。5日は売り買い交錯。

バリューC<9238> 1116 -154
フィルカンパニー<3267>と業務提携で4日急騰。5日は売り先行。

<CS>

fisco

注目TOPIC

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。