FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】ユーロ週間見通し:強含みか、フランス政治不安緩和で上値を試す展開も

*14:50JST ユーロ週間見通し:強含みか、フランス政治不安緩和で上値を試す展開も
■強含み、米長期金利の低下を意識したユーロ買い

今週のユーロ・ドルは強含み。フランスの財政悪化を警戒したユーロ売り・米ドル買いは一巡したことに加えて、米長期金利の低下が観測されたことから、リスク選好的なユーロ買い・米ドル売りが優勢となった。欧州中央銀行(ECB)は追加利下げを急がない方針であることもユーロ買いを促したにつながった取引レンジ:1.0710ドル-1.0843ドル。

「底堅い値動きか、域内経済の回復期待と米インフレ鈍化で

来週のユーロ・ドルは底堅い値動きか。直近発表のユーロ圏の経済指標は景気回復を示唆するものも含まれており、欧州中央銀行(ECB)による早期追加利下げ観測は後退した。フランスの財政悪化に対する懸念は消えていないものの、7月11日発表の6月米消費者物価指数(CPI)が鈍化すればユーロ買い・ドル売りがやや強まる見込み。

予想レンジ:1.0750ドル-1.0950

■強含み、日欧金利差を意識したユーロ買い強まる

今週のユーロ・円は強含み。フランスの財政悪化を懸念したリスク回避のユーロ売り・円買いは一巡し、日欧金利差を意識したユーロ買い・円売りが活発となったことから、ユーロ・円は一時174円台半ばまで上昇した。日本の為替介入に対する警戒感は低下したことも影響したようだ。取引レンジ:172円28銭-174円52銭。

■強含みか、フランス政治不安緩和で上値を試す展開も

来週のユーロ・円は強含みか。ユーロ圏の経済指標は強弱まちまちだが、短期的な景気回復が期待され、ユーロは売りづらい。フランスの政治不安は緩和されていることや欧州中央銀行(ECB)の追加利下げ観測後退もユーロ売りを抑制しよう。一方、日本の為替介入がただちに実施されるとの見方は後退しており、ユーロは上値を試す展開が続く。

○発表予定のユーロ圏主要経済指標・注目イベント
・特になし

予想レンジ:173円00銭-176円00銭

<FA>

fisco

注目TOPIC

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。