FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】後場に注目すべき3つのポイント~切り返すも薄商いでモメンタムは弱い

*12:39JST 後場に注目すべき3つのポイント~切り返すも薄商いでモメンタムは弱い
8日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

・日経平均は小幅反発、切り返すも薄商いでモメンタムは弱い
・ドル・円は弱含み、一時160円26銭まで下落
・値上り寄与トップはソフトバンクグループ<9984>、同2位は信越化学工業<4063>

■日経平均は小幅反発、切り返すも薄商いでモメンタムは弱い

日経平均は小幅反発。前営業日比87.43円高(+0.21%)の40999.80円(出来高概算8億1000万株)で前場の取引を終えている。

5日の米国株式市場は上昇。ダウ平均は67.87ドル高(+0.17%)の39375.87ドル、ナスダックは164.46ポイント高(+0.90%)の18352.76、S&P500は30.17ポイント高(+0.54%)の5567.19で取引を終了した。6月雇用統計が弱い経済を示し、寄り付き後、まちまち。ハイテクは、9月の利下げ期待が強まり、金利の低下を好感し買われ、続伸した。ダウは景気減速懸念が重しとなり軟調推移したのちハイテクの上昇が支援し終盤にかけ上昇に転じ、ナスダックは連日で過去最高値を更新し終了。

米国株は上昇したものの、目先の上昇に対する調整などが意識されて、東京市場はやや売り優勢で取引を開始した。日経平均は先週末比小幅マイナスで推移したが、売り圧力はさほど強まらず、切り返す展開に。日経平均は41000円台を付ける場面も見られたが、TOPIXは先週末比マイナス圏で推移するなどまちまちの地合いとなった。積極的な売買は手控えられており、プライム市場の売買代金は1.7兆円台に留まった。

日経平均採用銘柄では、ソフトバンクグループ<9984>が9連騰で日経平均をけん引しているほか、防衛関連銘柄の一角として物色が続いている三菱重<7011>が11連騰。このほか、SMC<6273>、第一三共<4568>、キーエンス<6861>、太陽誘電<6976>、HOYA<7741>、オリンパス<7733>が買われた。

一方、安川電機<6506>は、先週末に発表した24年3-5月期営業利益が前年同期比32%減と市場予想も下回ったことから売り優勢となったほか、川崎汽船<9107>、日本郵船<9101>、商船三井<9104>など海運株もさえない。このほか、三越伊勢丹<3099>が10日ぶり反落となった。

業種別では、精密機器、医薬品、鉱業、機械、情報・通信業などが上昇した一方、海運業、電気・ガス業、保険業、鉄鋼、ゴム製品などが下落した。

為替は1ドル160円30銭台で推移しており、朝方からじりじりと円高ドル安が進行している。ドル・インデックスが104.5水準で推移しており、ややドル売りが強まっている様子だが、株式市場への影響は今のところ限定的だ。注目されたフランス国民議会の決選投票は、事前予想を覆し左派野党連合が第一勢力となり、マクロン大統領の中道与党連合は第二勢力、前評判が高かった極右野党の国民連合は第三勢力と伸び悩んだ。前場の東京市場では目立った反応は見られなかったが、今晩の欧州市場の動向は念のため注意したい。後場の東京市場は、日経平均が取引時間中の高値を更新する可能性はあるが、買いは長続きせず薄商いの小動きとなりそうだ。

■ドル・円は弱含み、一時160円26銭まで下落

8日午前の東京市場でドル・円は弱含み。160円83銭から160円26銭まで下落した。ドル・円は160円80銭近辺で上げ渋る状態が続く可能性がある。

ここまでの取引レンジは160円40銭-160円83銭、ユーロ・ドルは強含み。1.0803ドルから1.0833ドルで推移。ユーロ・円は弱含み。174円13銭から173円52銭まで値下がり。

■後場のチェック銘柄

・三井松島ホールディングス<1518>、クリエイト<3024>など、7銘柄がストップ高

※一時ストップ高(気配値)を含みます

・値上り寄与トップはソフトバンクグループ<9984>、同2位は信越化学工業<4063>

■経済指標・要人発言

【経済指標】

・日・5月現金給与総額:前年比+1.9%(予想:+2.1%)
・日・5月経常収支:+2兆8499億円(予想:+2兆3502億円)

【要人発言】

・林官房長官
「今後の賃金の動向を注視」

<国内>
・14:00 6月景気ウォッチャー調査・現状判断(予想:46.2、5月:45.7)

<海外>
・15:00 独・5月貿易収支(予想:+199億ユーロ、4月:+222億ユーロ)

<CS>

fisco

注目TOPIC

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。