FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】NY株式:NYダウは31ドル安、インフレ指標やパウエルFRB議長証言待ち

*05:56JST NY株式:NYダウは31ドル安、インフレ指標やパウエルFRB議長証言待ち
米国株式市場はまちまち。ダウ平均は31.08ドル安の39,344.79ドル、ナスダックは50.98ポイント高の18,403.74で取引を終了した。

早期の利下げ期待を受けた買いに寄り付き後、上昇。その後、今週予定されている重要インフレ指標やパウエルFRB議長証言を警戒し、ダウは下落に転じた。ナスダックはエヌビディアなどの半導体が支援し、終日堅調に推移し5日連続で過去最高値を更新、まちまちで終了。セクター別では、半導体・同製造装置が上昇した一方、メディア・娯楽が下落した。

半導体メーカーのエヌビディア(NVDA)はアナリストが目標株価を引き上げ上昇。高級電気自動車メーカーのルーシッド(LCID)は第2四半期の生産、納車台数が市場予想を上回り、買われた。ディスカウント小売りのターゲット(TGT)は新学期に向けた必需品ショッピングシーズンの割引を発表し売り上げ増を期待した買いに上昇。電気自動車メーカーのテスラ(TSLA)は人工知能(AI)や自動運転戦略への期待に買われた。

腸疾患バイオのモーフィック・ホールディング(MORF)は製薬会社のイーライ・リリー(LLY)が同社買収を発表し大幅高。石油・天然ガス生産会社のエクソンモービル(XOM)は第2四半期の減益を警告し、売られた。スポーツ用品メーカーのナイキ(NKE)は冴えない決算を嫌気した売りが継続。

台湾積体電路製造(TSMC)の米国預託証券(ADR)はアナリストが人工知能(AI)半導体需要持続見通しやウエハー価格上昇基調を理由に目標株価を引き上げ上昇し、時価総額が1兆ドルを突破した。

(Horiko Capital Management LLC)

<ST>

fisco

注目TOPIC

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。