FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】東証グロース市場250指数先物見通し:底堅く推移か

*07:47JST 東証グロース市場250指数先物見通し:底堅く推移か
本日の東証グロース市場250指数先物は、底堅い展開を見込む。前日8日の米国市場のダウ平均は、31.08ドル安の39344.79ドル、ナスダックは50.98pt高の18403.74pt。早期の利下げ期待を受けた買いに寄り付き後、上昇。その後、今週予定されている重要インフレ指標やパウエルFRB議長証言を警戒し、ダウは下落に転じた。ナスダックはエヌビディアなどの半導体が支援し、終日堅調に推移し5日連続で過去最高値を更新した。まちまちで終了した米株市場を横目に、本日の東証グロース市場250指数先物は堅調な値動きとなりそうだ。日足のストキャスティクスなど一部オシレーター系指標が高値警戒感を示しているものの、5日移動平均線が強力な下値サポートとして機能しており、押し目買い意欲の強さが鮮明となっている。国内では6月のマネーストックや工作機械受注の発表、米国ではパウエル連邦準備制度理事会(FRB)
議長の上院銀行委員会証言などを控えているが、本日の新興市場は概ね底堅く推移しそうだ。なお、夜間取引の東証グロース市場250指数先物は前営業日日中終値比3pt安の656ptで終えている。上値のメドは665pt、下値のメドは645ptとする。

<TY>

fisco

注目TOPIC

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。