FiscoNews

【注目トピックス 日本株】明豊ファシリ Research Memo(10):配当性向55%程度を目安に安定的かつ継続的な配当を実施

*14:30JST 明豊ファシリ Research Memo(10):配当性向55%程度を目安に安定的かつ継続的な配当を実施
■株主還元策

明豊ファシリティワークス<1717>は株主還元策として配当を実施しており、配当の基本方針としては、安定的かつ継続的な利益還元を実施していくことを掲げている。配当性向に関しては財務基盤が充実してきたことなどを踏まえて2023年3月期より従来の50%程度から55%程度に引き上げている。2024年3月期の1株当たり配当金は同方針に基づき、前期比6.0円増配の37.5円(配当性向54.9%)とし、11期連続の増配を実施した。2025年3月期も同方針に基づき前期比0.5円増配の38.0円(同55.3%)を予定している。なお、2026年3月期までは期間業績が損失計上となった場合を除いて1株当たり配当金の下限を38.0円以上とすることも公表している。配当性向が55%を下回る状況になればさらなる増配も期待される。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

<SO>

fisco

注目TOPIC

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。