FiscoNews

【注目トピックス 日本株】TDCソフト Research Memo(7):2024年3月期は増収増益で、上方修正計画を上回る進捗(3)

*15:07JST TDCソフト Research Memo(7):2024年3月期は増収増益で、上方修正計画を上回る進捗(3)
■TDCソフト<4687>の業績動向

5. 財務状況
(1) 財政状態
2024年3月期末の資産合計は前期末比2,734百万円増の25,505百万円となった。主な要因は、受取手形、売掛金及び契約資産の増加324百万円、現金及び預金の増加1,368百万円、有形固定資産の増加774百万円、投資有価証券の増加335百万円である。

負債合計は前期末比667百万円増の7,028百万円となった。主な要因として、流動負債で買掛金の増加197百万円、未払消費税等の増加158百万円、固定負債で資産除去債務の増加175百万円、長期未払費用の増加171百万円がある。

純資産は前期末比2,067百万円増の18,477百万円となった。主な要因は、自己株式の増加611百万円、利益剰余金の増加2,363百万円である。

この結果、自己資本比率は72.4%と前期末比0.3ポイント上昇した。

(2) キャッシュ・フローの状況
2024年3月期末の現金及び現金同等物は13,378百万円と、前期末比1,368百万円増加した。営業活動によるキャッシュ・フローは3,022百万円の収入(前期は1,951百万円の収入)となった。主な要因は税金等調整前当期純利益4,253百万円のほか、売上債権及び契約資産の増加725百万円、法人税等の支払い1,377百万円である。

投資活動によるキャッシュ・フローは296百万円の支出(前期は354百万円の支出)となった。主な要因は有形固定資産の取得による支出901百万円、投資有価証券の売却による収入523百万円である。

財務活動によるキャッシュ・フローは1,357百万円の支出(前期は1,440百万円の支出)となった。主な要因は自己株式の取得による支出616百万円、配当金の支払726百万円である。

本業で稼いだ営業キャッシュ・フローを成長投資に振り向けたほか、自己株式取得により株主還元を行った。また投資有価証券の一部を売却し、保有資産の効率化と財務体質のさらなる強化を図った。

(執筆:フィスコアナリスト 村瀬智一)

<HN>

fisco

注目TOPIC

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。