FiscoNews

【注目トピックス 日本株】メディネット—(開示事項の経過)台湾規制当局が新たな医療機関でのガンマ・デルタT細胞療法の提供を承認

*17:24JST メディネット---(開示事項の経過)台湾規制当局が新たな医療機関でのガンマ・デルタT細胞療法の提供を承認
メディネット<2370>は8日、台湾規制当局が新たな医療機関でのガンマ・デルタT細胞療法の提供を承認したことを発表。

同社は、台北証券取引所上場企業であるMedigen Biotechnology Corporation(MBC)に対し、同社のがんを対象疾患とするガンマ・デルタT細胞培養加工技術のライセンス契約を締結し、本技術の技術移転が完了している。これまで台湾規制当局から7医療機関に対する承認を取得しており、そのうち1医療機関においては本技術を用いたがん免疫細胞治療の提供が開始されているが、今回、本技術を用いたがん免疫細胞治療の提供について、台湾の規制当局から新たな医療機関(8施設目)が承認を得た。

今回承認を受けたのは、MBCの提携医療機関であるTaipei Municipal Wanfang Hospital。今後、MBCは台湾での本技術を用いた免疫細胞治療の普及を目指しており、同社はライセンス契約に基づき、MBCのガンマ・デルタT細胞の培養加工件数に応じて、ロイヤリティを収受することとなる。

<SO>

fisco

注目TOPIC

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。