FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】NY外為:ドル一段高、パウエルFRB議長は将来の政策シグナル送ることを回避

*00:33JST NY外為:ドル一段高、パウエルFRB議長は将来の政策シグナル送ることを回避
NY外為市場でドルは一段高となった。連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は半年に一度の議会証言の声明で、インフレを巡りより良いさらなるデータが自信を強めるとし、各会合で政策を決定していくとデータ次第で政策を決定する方針を繰り返し、利下げを巡る言及はしなかった。

ただ、おそらく次の行動は利上げにならないだろうと指摘。議員の利下げの時期を巡る質問に、本日は「将来の行動を巡るシグナルを送らない」と利下げの時期への言及を避けた。

早期の利下げ観測の後退で、金利は上昇。10年債利回りは4.325%まで上昇した。ドル買いも一段と強まり、ドル・円は161円52銭まで上昇し、4日来の円安・ドル高。ユーロ・ドルは1.0828ドルから1. 0806ドルまで下落した。ポンド・ドルは1.2821ドルから1.2786ドルまで下落した。

<KY>

fisco

注目TOPIC

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。