FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】注目銘柄ダイジェスト(前場):FPパートナー、C&R社、わらべ日洋など

*11:38JST 注目銘柄ダイジェスト(前場):FPパートナー、C&R社、わらべ日洋など
わらべ日洋<2918>:2511円(+163円)
大幅続伸。前日に第1四半期決算を発表、営業利益は22.2億円で前年同期比6.3%減となり、上半期計画42億円、同6.5%減に対して想定通りの進捗と捉えられる。新設した入間工場の初期赤字や工場再編に伴う一時的なコスト増などが減益要因になっている。25年2月期の決算発表後に株価は低迷していたが、第1四半期としては過去最高の売上高となるなど、好調な実態を見直す動きにもなっているようだ。

ディップ<2379>:2898円(+138円)
大幅反発。前日に第1四半期決算を発表、営業利益は40.2億円で前年同期比20.4%増となり、据え置きの通期計画134億円、前期比5.0%増に対して順調な進捗となっている。メディア売上成長率と市場成長率の差が拡大するなど、市場でのシェアアップが加速しているほか、人件費率、広告宣伝費率などが低下しているようだ。業績の上振れが意識される形となっている。

FPパートナー<7388>:2943円(+267円)
大幅反発。6月の生命保険新規契約ANPが過去最高となる28.73億円になったと発表している。これまでの最高であった今年3月実績を1.40億円上回っているもよう。4月から放映を開始した新CMでの認知度向上が後押しになったとしている。ビジネスモデルに対する批判的な報道を受け株価は6月に急落していたが、契約数の推移から影響は限定的との安心感につながっているようだ。

C&R社<4763>:1601円(-190円)
大幅反落。前日に第1四半期の決算を発表、営業利益は12.6億円で前年同期比20.2%減となっている。上半期計画は27億円で同3.8%増であり、大幅減益決算にネガティブな反応が先行。もともと採用増によって第1四半期は減益見込みであったが、クリエイティブ分野や医療分野で計画を下回る推移にもなっているもよう。発行済み株式数の1.6%に当たる35万株、5億円上限の自社株買い発表も下支え効果は限定的。

リクルートHD<6098>:9350円(+198円)
続伸。発行済み株式数の5.67%に当たる8700万株、6000億円を上限とする自己株式の取得実施を発表している。取得期間は7月10日から25年7月9日まで。資本効率の向上と株主還元の充実を目的としている。このうち、1500万株を上限に本日の立会外取引で自社株買いを実施ともしている。5月の決算発表時にネットキャッシュの圧縮方針を掲げ、自社株買いへの期待はあったとみられるが、迅速な実行に評価が高まっているようだ。

アストロスケール<186A>:822円(+4円)
10日ぶり反発。子会社の人工衛星システムの製造・開発・運用を手掛けるアストロスケール(東京都墨田区)が2月に開始した商業デブリ除去実証衛星「ADRAS-J」のミッションで、観測対象デブリの周回観測の実施中に安全運用のための衝突回避機能の有効性を実証したと発表している。ADRAS-Jは実際のデブリへの安全な接近を行い、近距離でデブリの状況を調査する世界初の試みという。

アイズ<5242>:2665円(+142円)
大幅に反発。自社が運営する広告業界プラットフォーム「メディアレーダー」が資料掲載ページをアップデートしたと発表している。メディアを運営している掲載社専用の資料登録フォームを追加した。掲載社が登録するサービス説明の入力必須項目が大幅に増え、資料掲載ページの情報量が増加する。資料をダウンロードする前に媒体情報が比較しやすくなるため、会員の利便性や満足度の向上に資するとしている。

スパイダープラス<4192>:492円(+9円)
大幅に続伸。施工写真撮影時に必要な事前準備作業を効率化する特許技術「電子黒板一括作成」を取得したと発表している。Excelなどの表形式の情報をもとに電子黒板の一括作成とリスト化を行い、ユーザーが工事写真を撮影する際にはリストから選択した電子黒板をカメラ画角内に自動合成する技術。何枚もの電子黒板を一括作成できるため、黒板の作成時間削減と現場の生産性向上に貢献するとしている。

<ST>

fisco

注目TOPIC

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。