FiscoNews

【注目トピックス 日本株】ムサシ Research Memo(5):2025年3月期は開発投資先行で減益予想

*13:15JST ムサシ Research Memo(5):2025年3月期は開発投資先行で減益予想
■今期の見通し

ムサシ<7521>の2025年3月期の業績は、売上高33,739百万円(前期比1.8%増)、営業利益790百万円(同26.7%減)、経常利益1,946百万円(同73.3%増)、親会社株主に帰属する当期純利益1,439百万円(同87.4%増)と予想されている。経常利益が大幅増益予想となっているのは、持分法子会社が有形固定資産の売却益を計上するので、同社の営業外収益(持分法利益)が約1,300百万円増加する予定であるためだ。

情報・産業システム機材、選挙システム機材は増収予想だが、印刷システム機材、金融汎用システム機材は減収予想となっており、全体では微増収予想。利益率の高い選挙が増収となるものの、研究開発費が増加することから営業利益は減益予想となっている。しかしこの予想は、期間中に大型国政選挙がないという前提なので、仮に期中に衆議院の解散・総選挙が行われた場合には売上高は25億円以上が上乗せされ、利益予想も上方修正される可能性は高いだろう。

連結セグメント別売上高は、情報・印刷・産業システム機材が19,283百万円(前期比1.6%増)、金融汎用・選挙システム機材が4,969百万円(同6.3%増)、紙・紙加工品が9,190百万円(同0.3%減)、不動産賃貸・リース事業等が295百万円(同10.9%増)と予想されている。設備投資額は170百万円(前期は411百万円)、減価償却費は433百万円(同395百万円)、研究開発費は580百万円(同353百万円)となる予定である。

サブセグメント別(単体ベース)の見通しでは、情報・産業システム機材の売上高は8,450百万円(同7.5%増)と増収予想だが、注力している文書のデジタル化事業の売上高は5,419百万円(同5.1%増)と回復する予想。依然として全体の引き合いは強い。印刷システム機材では、オリジナル製品の販売は堅調であるが、印刷材料の需要が弱含みであることから、売上高は8,270百万円(同1.2%減)を見込んでいる。

金融汎用システム機材では、新紙幣向けの需要のピークは過ぎたことから、売上高は1,730百万円(同10.0%減)を見込んでいる。主力の選挙システム機材では、通年で大型の国政選挙がない見通しだが、東京都知事選があることから売上高は3,100百万円(同20.5%増)と回復が見込まれている。紙・紙加工品については、各種パッケージ用の板紙の販売は堅調に推移するものの、情報用紙等の需要は低迷が予想され、売上高は5,650百万円(同1.5%増)を見込んでいる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 寺島 昇)

<SO>

fisco

注目TOPIC

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。