FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】東証グロース市場250指数先物概況:売り優勢も引けにかけて下げ幅縮小

*16:30JST 東証グロース市場250指数先物概況:売り優勢も引けにかけて下げ幅縮小
7月10日の東証グロース市場250指数先物は前営業日比1pt安の649pt。なお、高値は654pt、安値は642pt、日中取引高は5143枚。前日9日の米国市場のダウ平均は続落。
パウエルFRB議長の議会証言を控えて様子見気配が強まり、寄り付き後、まちまち。
議長が証言で最近のデータで経済や労働市場の減速が見られると言及したため警戒感からダウは下落に転じた。ナスダックはハイテクの買いが継続するなど底堅く推移し、6日連続で過去最高値を更新した。本日の東証グロース市場250指数先物は、前営業日比2 pt高の652ptからスタートした。寄り付き直後こそプラス圏で推移したものの、すぐに売り優勢の展開。主力株の伸び悩みにより短期的な売り圧力が高まったものの、75日移動平均線を下回る場面では押し目買いも入るなど新興市場は方向感の乏しい値動きとなった。米国でのパウエルFRB議長の下院金融委員会証言への関心が高まる中、日経平均株価とTOPIXが揃って終値ベースで史上最高値を更新したことを確認すると、引けにかけて値を戻し、649ptで取引を終了した。東証グロ-ス市場の主力株では、トライアル<141A>やインテグラル<5842>などが下落した。

<SK>

fisco

注目TOPIC

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。