FiscoNews

【注目トピックス 日本株】エヌ・シー・エヌ Research Memo(12):配当は年間配当性向40%を基準とし、継続的かつ安定的に実施

*13:12JST エヌ・シー・エヌ Research Memo(12):配当は年間配当性向40%を基準とし、継続的かつ安定的に実施
■株主還元策

エヌ・シー・エヌ<7057>は、利益還元を経営の重要な課題として位置付けている。配当については、事業計画や事業規模の拡大(成長・発展に必要な研究開発並びに設備投資資金を含む)に向けた内部留保の充実を図りながら、各期の利益水準及びキャッシュ・フローの状況を勘案し、連結業績に基づいた年間配当性向40%を基準とし、継続的かつ安定的に実施することを基本方針とする。2024年3月期については、想定外の収益悪化となったが、期初に発表した配当予想額を堅持し、前期比18円減配となる1株当たり22円とした。2025年3月期は年間配当を29円(配当性向41.3%)の予定である。

(執筆:フィスコアナリスト 村瀬智一)

<AS>

fisco

注目TOPIC

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。