FiscoNews

【本日の注目個別銘柄】タカキュー、SHIFT、トレファクなど

<7427> エコーTD 1142 -90大幅続落。前日に第1四半期決算を発表している。営業利益は3.2億円で前年同期比29.5%減となり、据え置きの上半期計画8.7億円、同16.7%減、通期予想17.5億円、前期比2.0%増に対して、やや低調な進捗にとどまっている。ペット業界の厳しい環境下で売上が伸び悩んだほか、各種設備へ投資や本社事務所移転に伴う経費の増加、ペットフードやペット用品などの販売単価下落が響いているようだ。

<8473> SBI 4083 -104大幅反落。2031年満期ユーロ円建CBの発行を発表している。社債額面金額は1000億円、転換価額は4898円と決定し、前日終値に対するアップ率は16.98%となっている。今回のファイナンスによる潜在株の比率は6.76%となり、マイナス視する動きが優勢となっているようだ。金融サービス事業強化のための投資資金として約500億円、社債及び借入金の返済資金として約500億円を充当する計画のようだ。

<6183> ベルシス24 1491 -59大幅続落。前日に第1四半期決算を発表、営業利益は26億円で前年同期比37.2%減となっている。据え置きの通期予想は125億円で前期比8.9%の増益見通しであり、想定外の低調スタートと受けとめられている。基礎業務は増加するもコロナ等国策関連業務の減少による売上縮小が要因となっている。また、ベトナム子会社に係る段階取得による差益の一巡もマイナスに寄与。

<9552> M&A総研 3705 -60大幅続落。一部メディアの「詐欺同様の買収案件まで手がけるM&A仲介の真実」と題するオンライン記事が前日から売り材料視される展開になっているもよう。この約2年間で40件近い詐欺同様のM&Aを繰り返している会社に対し、M&Aを勧誘する企業として取り上げられているようだ。企業の倫理観に対する懸念が高まるとの見方につながっているもよう。

<8166> タカキュー 158 +50ストップ高。前日に第1四半期の決算を発表、営業利益は2億円で前年同期比44.3%
増となり、通期計画の0.5億円を大きく超過する状況となっている。また、債務免除益の計上に伴って、純利益は17.1億円を計上している。商品ポートフォリオの最適化や販売チャネル改革、コスト圧縮などの施策が奏効しているようだ。第1四半期末においては債務超過も解消する形に。

<7581> サイゼリヤ 5620 -130大幅反落。前日に第3四半期決算を発表、累計営業益は101億円で前年同期比2.8倍となり、好決算は想定線と言え、期待以上の数値であったようだ。年間配当金も従来計画の18円から25円に増額。一方、今年8月末からの株主優待制度廃止を発表。売り材料につながったようだ。株主への公平な利益還元という観点を考慮した。これまでは、100株以上を1年以上保有する株主に『食事券』2000円分を贈呈していた。

<9861> 吉野家HD 2854 -270大幅反落。前日に第1四半期決算を発表、営業利益は8.8億円で前年同期比38.6%減となり、上半期計画35億円、同12.2%減に対し、想定以上に減益幅が大きいとの見方になっているもよう。吉野家の既存店売上が計画比でやや伸び悩んでいるとみられるほか、中国中心に海外も低調。人件費、消耗品費、及びM&A費用などコストの増加なども響く形になっている。

<3697> SHIFT 11255 -4000急落。前日に第3四半期決算を発表、累計営業利益は70.6億円で前年同期比14.2%減となり、上半期実績の同7.8%減から一段と減益率が拡大する形になった。据え置きの通期予想は0.3-26.2%の増益見通しであり、下振れへの懸念がより強まった形だ。順調な採用に対し相対的に案件獲得が遅延し稼働率が低下したほか、積極的なM&Aの推進に伴いアドバイザリー費用など一過性のコスト計上もあったもよう。

<3093> トレファク 2109 +291急騰。前日に第1四半期決算を発表、営業益は13.5億円で前年同期比30.7%増となり、上半期計画は従来の15.3億円から17.9億円に、通期では37.1億円から40.4億円にそれぞれ上方修正した。第1四半期が計画を上回る進捗であったほか、第2四半期に入っても既存店売上は計画を上回る推移となっている。年間配当金も従来計画の32円から34円、前期比6円増に引き上げた。

<3064> MRO 2092.5 +248.5急伸。前日に6月の月次動向を発表している。売上高は前年同月比5.6%増となり、4月、5月の同2ケタ増から伸び率は縮小。ただ、営業日数は前年比で2日少なく、営業日1日当たりの売上高では同16.2%増となっており、4月の同9.8%増、5月の同11.9%増との比較で、実質的に売上は伸長している格好である。上半期の売上計画はほぼ計画線に達したものともみられる。

<ST>

fisco

注目TOPIC

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。